赤ちゃんの寝かしつけ方法!10つのコツでもうイライラしない!

寝かしつけを始めてからもう 1 時間以上が経つのに、全く寝るそぶりナシ!
寝たふりしても、おもちゃ持ち出してそばで遊んでるし・・・

もーいいかげんにして~!!(T_T)


新生児の頃は、わりとよく眠ってくれていた我が家の坊ですが、
生後4ヶ月頃から、徐々に寝かしつけに苦労するようになりました。

一度寝かしつけても、深く眠りにつけないようで何度も起き、
ひどいときは、1時間おき!(涙)
もう寝かしつけ疲れで、くたくたでした。

子供には日頃、やさしく接したい気持ちでいるのですが、
睡眠不足でイライラすると、そういう気持ちになれないこともあって、葛藤の日々。

このままじゃ精神状態が持たない!と、育児相談を受けたり、
一人でちゃんと寝ているお子さんがいるママ友に相談したところ、
どうやら赤ちゃんの寝かしつけにはコツがあったのです。


そこで今回は、赤ちゃんの寝かしつけ方法のコツ 10 つ

私も藁にもすがる思いで続けたところ、苦労の甲斐あって、
1 歳になる前には、布団に入るとスッと寝てくれるようになったのです(嬉涙)

同じように、寝かしつけで苦労しているお母さんの参考になりますように!
という思いで、この記事を書きました。

これならできる!というものから、ぜひ取り入れてみてくださいね。



スポンサードリンク




赤ちゃんの寝かしつけ方法!スッと寝かせるための10つのコツ

1.寝る前にすることをルーティン化する

夜にすることは、毎日同じ流れでするのがおすすめ。

お風呂のあとは歯磨き、など、
『〇〇の次は、✕✕』がわかっていると、子どもは安心します。


そして、寝る前の儀式が決まっていると、寝かしつけも楽になります。

例えば、絵本を読む、一緒に歌を歌う(月齢の小さい赤ちゃんには子守唄)、お風呂、
スキンシップ、静かにできる遊び(ぬいぐるみにおやすみツアーをする)などなど・・


うちでは、お風呂→パジャマに着替える→歯磨き→絵本の読み聞かせ、という流れ。

1歳前には定着して、絵本の読み聞かせが始まると、
おもちゃで遊びだしたり、走り回ったりすることはなくなり、
ちゃんと布団に入ってきてくれるようになりました。





2.お昼寝時間を減らす

赤ちゃんによって必要な睡眠時間は違いますが、
長すぎるお昼寝は、夜の睡眠に響きます

夜にしっかり疲れて、布団に入るとすぐに眠りにつけるように、
お昼寝はほどほどに切り上げるのが◎


お昼寝時間の目安は、
生後2~8ヶ月約2時間30分
生後9ヶ月~3歳約2時間

※生後2~8ヶ月の朝寝の時間は、含んでいません。





3.『夜』モードに切り替える

私たち大人は、夜でも電気をつけて過ごすことが多いので、
子どもが同じ部屋にいると、体内時計はいつまでも昼間だと勘違いしてしまいます。

寝る時間がきたら、寝室に入って電気は消しましょう


極力小さな声で話すようにすることで、
子どもは『今は遊ぶ時間じゃなくて、寝る時間なんだ』と学習します。

また、夜はおむつは大き目のサイズを使うようにして、
夜中のおむつ替えは極力控えた方がいいです。


143967



4.日中に体をしっかり動かす

日中、外の空気を吸って適度に太陽の光を浴びることは、
夜に良質の睡眠を誘います。


うちの場合、寝つきが良くて、夜中も比較的長く寝てくれたときは、
たいてい、中にハイハイや伝い歩きで、しっかり体を動かした時でした。


2歳の今は、家の中でも外でも外で走り回った日は、やはり寝つきが良いです。
プールで泳いだ日は、お風呂まで待てず、服のままで寝てしまったことも!

逆に、雨で1日家にいるような日は、
お昼寝をしてしまうと、夜眠くなる時間が遅くなります・・(/_;)



注意することは、どんな1日を過ごした日でも、寝る前に体を使った遊びをしないこと!
興奮して寝つきが悪くなってしまいます。





5.寝室の理想的な室温は16~18℃

赤ちゃんや小さい子供は、体の体温調節システムがまだできあがっていません。
特に、暑すぎる室温は深い眠りを妨げます!

心地良く眠るための、最適な室温は、16~18℃です。





6.ぬいぐるみやお人形のお友だちを作る

お気に入りのぬいぐるみや、お人形ができると、寝かしつけがすごく楽になります。

夜中に目が覚めても、そばにぬいぐるみがあると、
「一人じゃない(*´ー`*)」と安心して、また眠りについてくれます。

月齢の小さい頃から、いつもそばにぬいぐるみがあるという環境を作っておけば、
赤ちゃんは「寝るときには、このぬいぐるみが一緒!」と、覚えてくれますよ。

その場合、1つだけでなくいくつかあると良いですね(^O^) 
万が一紛失した時、寝られなくなって大変ですから・・!


赤ちゃんの頃からの坊のねんね友達は、ラブラドールとロバのぬいぐるみです♪

IMG_20150415_203056




7.夜中に目が覚めても一人で眠りにつけるよう練習する

夜中に目が覚めた時に自分で眠りにつくには、練習が必要です。


これは、月齢の小さい赤ちゃんの時に始めるほど、効果があります!
「グズグズ・・・」と泣き始めても、すぐには手を差し伸べず、しばらく見守ります。

泣いてすぐに対応していると、赤ちゃんは誰かの助けがないと眠れなくなってしまいます


・・・って言うのは簡単ですが、私はこれに一番苦労しました(-_-;)

私はこの法則を知らず、月齢の小さいときから、泣いたらすぐに対応していたので、
それが癖になってしまい、生後半年からでは通用しなかった(泣)

子供が安心するものを、とにかく探しては試しました。

たとえば、
  • ママが着ていた服をそばに置く →ママの匂いで安心させる効果

  • 頭をそっと押さえる →お腹の中にいた頃を思い出して、安心する

  • おでこをそっとなぞる →触れられているという安心感


これは生まれた時の状況や、その後の赤ちゃんの過ごし方によっても変わってくるので、
諦めずに色々探してみてください!




8.日中に怖いことがあったときは不安を取り除いてあげる

月齢の小さい赤ちゃんは、まだ、暗闇への不安というものを持っていません。

しかし、大きくなるにつれて、日中にあった怖いことや、絵本やお話などに出てくる、おばけや怪物などを思い出して、眠れなくなることが出てきます。

寝かしつけの時に、おまじないをかけてあげたりして、
不安を取り除いてあげましょう。




9.日中にしっかり食べさせる

夜中の授乳/ミルク(栄養面に限って)が必要なくなる時期は、赤ちゃんによって違います。

月齢の小さい赤ちゃんの場合、夜中に泣いて起きる子は、
おなかが空いているのか単に寂しいのか、判断がつきにくいものですが、
授乳間隔がまだ決まっていないうちは、お腹が空いて泣くことも多いです。


また、月齢が大きくなるにつれて、
遊びに夢中で食べることを忘れていることがあります。
この時、食事のタイミングを子どもに任せていると、夜中にお腹が空いて目が覚めてしまうことが!

日中の食事の時間は親がしっかりリードして、十分な量を食べさせるようにしましょう!




10.寝室を心地よいものにしてあげる

ベッドやお布団は、子どもにとって静かでやすらげる場所であるべきです。

決して、食事をしたり、叱ったりする場所と同じにしないようにします。
子供の好きなぬいぐるみを置いたり、優しいイメージの飾り付けをしたりします。

落ち着ける場所がある、ということは、精神面にメリットになります。
寝室を、子供にとって居心地の良い場所にしてあげてくださいね。




さいごに

習慣にしていくというのは、始めは時間も労力もかかりますが、
いざ、定着すれば子供も親もお互いとても楽になるということを、
身に染みて感じています。

一人の人間を相手にするわけなので、現実はなかなかうまくいかないこともあります。
私も、最初は全然うまくいかなかったし、かなり時間がかかりましたが、
続けていくうちに、習慣化することができました。


やっぱりスッと寝てくれるようになると、本人も楽だし、
なによりも母親としても精神的な負担がかなり減ります。
ゆっくり、子供の寝顔を見ながら幸せな気持ちに浸る余裕もでてきます(*^_^*)


ちなみに、自我が芽生えてくる1 歳 ~ 2 歳児の寝かしつけ方法については、
子供の寝かしつけ方法!1歳~2歳児にオススメする3つの習慣でまとめています。

お子さんが大きくなられた時のことを想像しながら、
こちらもぜひ読んでみてくださいね。


スポンサードリンク


この記事がお役にたてましたら、ぜひ いいね!をお願いします(^^)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

    • Yukiko
    • 2016年 5月13日

    シンプルな説明でとてもわかりやすく、勉強になりました。
    我が子もそろそろ10か月、一人ですっと眠ってほしいと思いネットで検索した結果こちらにたどり着きました。
    ありがとうございます。

      • こっこ
      • 2016年 5月13日

      To: Yukiko さん
      こんにちは。コメントいただきありがとうございます。
      記事がお役に立てて、本当にうれしいです。

      お子さんはもうすぐ10ヶ月になられるのですね!母親の自分も、色んな意味で疲れが出てくる時期だと思います。
      一人で寝てくれたら楽なのに!と思う気持ち、痛いほど分かります・・。
      寝かしつけの習慣化は、早ければ早いほどいいということを痛感しているので、
      Yukikoさんとお子さんにとって一番楽になる環境が一日も早くできますよう、願っています!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

季節のおすすめ特集

おすすめの特集記事

アーカイブ

Facebook ページができました!