2歳児の夕食献立~食欲が落ちる夏にピッタリのメニュー1週間

猛暑が続くと、子供だけでなく大人も食欲が落ちてしまうもの・・

食欲がないからと、冷たいものばかり食べたり、変わり映えしない食事ばかりだと、
ますます食欲が落ちて、体の疲れも取れません。

家族を巻き添えにするわけにもいかないので、なんとか工夫して、
食欲が沸いてくるものや、栄養のあるものを作りたいですよね!


そこで今回は、食欲が落ちやすい夏におすすめの献立1週間です。

食欲を刺激するこしょうやカレーなどの香辛料や、
にんにく、しょうが、しそ、パセリなどの香味野菜を使ったもの、

そして、疲労回復や胃腸の働きを活発にするビタミンB群が多く含まれている、
うなぎや大豆などを使った献立も、取り入れています。


食欲は、盛り付けを工夫することで、沸いてくることもあります。
夏野菜をたくさん使って色とりどりに、栄養をしっかり摂って夏バテしにくい体づくりをして、
いい循環をつくっていきましょう!


早速、1週間のメイン料理はこちらです:

  • 月曜日:冷やし中華
  • 火曜日:エビマヨ
  • 水曜日:夏野菜のオムライス
  • 木曜日:ドライカレー
  • 金曜日:にゅうめん
  • 土曜日:ちらし寿司
  • 日曜日:うな丼





スポンサードリンク




2歳児の夕食献立~食欲が落ちる夏にピッタリのメニュー1週間

月曜日の献立:冷やし中華

  • 【主食】冷やし中華(きゅうり、ハム、ゆで卵、トマト、わかめ)
  • 【副菜】鶏のから揚げ レモン添え
  • 【副菜2】トマトと豆腐のサラダ


冷やし中華のたれは、
市販のものは味が濃いし添加物も気になるので、余裕があれば手作りしちゃいましょう!

酢大さじ3、しょうゆ大さじ4、ごま油大さじ2、砂糖大さじ2、酒大さじ2を鍋に入れて煮立ててアルコールを飛ばしたら、食べる直前まで冷蔵庫で冷やしておくだけ!

大人用には、たれを使う前にラー油を少し足すと、風味が増しますよ。
子供用には、水で少し薄めて調整します。


から揚げには、レモン汁をかけるとさっぱりして食べやすいです。
すごく酸っぱくなることはないので、子供にもかけて大丈夫!

酢やレモンに含まれるクエン酸は、
食欲増進だけでなくて、疲労回復にも役立つので夏にぴったりです(^^)v






火曜日の献立:エビマヨ

  • 【主食】とうもろこしの炊き込みご飯
  • 【主菜】エビマヨ(エビ、ねぎ)
  • 【副菜】ツナサラダ(レタス、ツナ、きゅうり、トマト)
  • 【汁もの】味噌汁


エビマヨは、えびを衣揚げをしないで炒めることで、あっさりして暑い夏でも食べやすくなります。

まず、えびは背わたを取る前に、酒、塩、小麦粉でもみ込んで水で洗い流して臭みをとります。
殻をむいて背わたを取ったら、ごま油、にんにく、しょうがで炒めて、火が通ったら酒大さじ1を加えます。
最後に、しょうゆ小さじ1、マヨネーズ大さじ2、砂糖小さじ1/2をよく混ぜ合わせたソースを加えて、中火で少し煮からめたら完成!


炊き込みご飯は、
生のとうもろこし1本を、包丁でコーンをこそげ落とし、洋風コンソメと塩、水と一緒に炊飯器に入れて、普通に炊きます。
炊き上がったら、しゃもじでよーくかき混ぜます。






水曜日の献立:夏野菜のオムライス

  • 【主食】バターライス
  • 【主菜】夏野菜のオムライス(鶏肉、玉ねぎ、なす、トマト、かぼちゃ)
  • 【副菜】キャベツの千切りサラダ(キャベツ、ハム、きゅうり)
  • 【汁もの】コーンスープ(とうもろこし、バター、牛乳)


バターライスは、米を研いで酢飯と同じ水加減(少な目)で30分ほど置いた後、普通に炊きます。
炊き上がったら、バター大さじ1~2を加えて、しゃもじで良く混ぜ合わせます。

オムライスソースは、
鶏肉、野菜を一口大に切り、にんにく、オリーブオイルで炒めます。
野菜ブイヨンで5分ほど煮たら、塩コショウ、ケチャップで味をととのえます。

別のフライパンで卵焼きを作って、
バターライスの上に盛り付け、最後にオムライスソースをかけていただきます♪






木曜日の献立:ドライカレー

  • 【主食】ドライカレー(合いびき肉、たまねぎ、にんじん、コーン、グリーンピース)
  • 【副菜】水菜とツナのサラダ
  • 【汁もの】トマトの冷製スープ
    (完熟トマト、たまねぎ、ピーマン、赤パプリカ、きゅうり)


ドライカレーは、
材料をにんにくで炒めた後、冷やごはんを加えて、カレー粉 小さじ1、ケチャップ 大さじ2、醤油 小さじ2で味付けします。


トマトの冷製スープは、
ざく切りにした完熟トマト4個、ピーマン1個、赤パプリカ1個、きゅうり1本、たまねぎ1/2個、にんにく1片を、
水100mlをミキサーに入れて、10秒ほどまわします。

そのあと、オリーブオイル大さじ2、バルサミコ酢大さじ1.5、塩コショウを入れて、野菜の形がなくなるまで、
さらに20秒ほどミキサーをまわします。

味見をして、足りなければ塩コショウを足して完成です♪

酸っぱいのが苦手なお子さんには、バルサミコ酢を入れずに作っても◎ですよ。






金曜日の献立:にゅうめん

  • 【主食】にゅうめん
    (油揚げ、かまぼこ、しいたけ、ほうれん草、みつば、もしくはねぎ)
  • 【副菜】野菜とエビの天ぷら(エビ、しいたけ、なす、しそ)

にゅうめんの具材は、先にだし汁で煮て味付けしておきます。

みつばは好き嫌いがあるので、苦手な場合は、刻みねぎでも美味しいです♪






土曜日の献立:ちらし寿司

  • 【主食】ちらし寿司
    (サーモン、アボカド、干ししいたけ、れんこん、錦糸卵、にんじん、ちりめんじゃこ、かまぼこ、さやえんどう)
  • 【副菜】焼きなすの煮びたし
  • 【汁もの】お吸い物(お麩、豆腐、えのき)


干ししいたけ、れんこん、にんじんは、甘辛く煮ます。

盛り付けには、大人用には、いくらと紅ショウガを付け加えると、一層華やかになりますね♪

ただ、いくらはお寿司用で売られているものは塩味が強すぎるので、うちの子供にはまだあげていません。






日曜日の献立:うな丼

  • 【主食】うな丼(うなぎ、刻みのり)
  • 【副菜】酢の物(きゅうり、わかめ、オクラ)
  • 【副菜2】だし焼き卵
  • 【汁もの】お吸い物(ねぎ、わかめ)

うな丼は、市販のたれを使う場合は子供には濃すぎるので、水で薄めます。

酢の物は、酸っぱいのが苦手な子供には、酢を入れずにサラダとして食べるのもいいですね。
うちでは、子供がほとんど気付かないくらいの微量の酢(小さじ1/2位)を入れています(^^ゞ



【 PR 広告 】





この記事がお役にたてましたら、ぜひ いいね!をお願いします(^^)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

季節のおすすめ特集

おすすめの特集記事

Facebook ページができました!

アーカイブ