子供の食べ物の好き嫌い!原因は?克服するにはどうする?

せっかく作ったものも、これキラ~イ!
と言って、口もつけずにお皿を突き返される・・

栄養の事も考えて、一生懸命作ってるのに、本当にガッカリしますよね。


そもそも、食べたこともないのに、なんで嫌いって言えるの?
前は食べていたのに、なんで突然食べなくなるの?


今回は、子供の好き嫌いの原因と、
どうすれば食べ物のおいしさを感じてもらえるのか、
好き嫌いを克服する工夫の仕方について、まとめてみました。


今回の記事は、
今まさに、子供の好き嫌いをなんとかしたい!と、
気を揉んでいる、あなたのお役に立てるはずですよ!



スポンサードリンク




子供の食べ物の好き嫌い!原因は?克服するにはどうする?

まずは、好き嫌いが起こる原因から、見ていきましょう。


子供の好き嫌いが起こる原因って?

子供の好き嫌いが起こる原因は、
大きく分けて、3つあると言われています。

  1. 危険を感知する本能から
  2. 初めて見るものへの不安から
  3. 過去の苦い経験から


順番に詳しく説明していきますね。



危険を感知する本能から


私たちの味覚や嗅覚は、体に有害物質が取り込まれるのを防ぐために、
危険信号を感知する役割を持っています。

特に、苦みや酸味に対して強く反応する傾向があるようです。

それもそのはず、

  • 「苦み」=「毒」
  • 「酸味」=「腐敗」

から体を守るために、本能的に嫌う味覚になっているからなんですね。


さらに、子供は大人よりも味への感受性が高い!
これも、体を守るための防衛機能が働いているためなんですよ。

0-81



初めて見るものへの不安から


私たち人間のように、肉や魚、野菜や根菜など、
色々なものを食べる雑食動物は、
初めて出会う食べ物を警戒する傾向があります。

「食べて本当に大丈夫なのか」、分からないからです。


1つめの本能と、性質が似ていますが、
そのなんだかこわい、不安な気持ちから、
防衛反応として、食べることを拒否してしまうのです。


大人の私たちでも、
旅行先の屋台で、見たこともない得体のしれないものが売られていたとして、
試してみるのに、ものすごく勇気がいりませんか?


・・ちなみに私は、一番初めに「納豆」を試した人を、
ものすごく勇気のあった人だと、尊敬しています!(ι`・ω・´)ノ



子供は大人よりも一層、初めてのものに対して不安を感じやすいもの。

その気持ちを少しだけ分かってあげることも、
克服への第一歩になります。




苦い経験から


前に食べた時に、喉に詰まらせて怖い思いをした
食べた後に嘔吐したおなかが痛くなった

そんな苦い経験が、脳と結びついて、
たった一度のことでも、その食べ物が嫌いになってしまうことが、あります。


ちなみに、
この記憶というのは、かなり強く、しかも長期間残ると言われています。

前は食べていたのに、突然食べなくなったというのは、
たいてい、以前食べた時のトラウマがあることが多いです。


ただ、この場合は、味が嫌いというわけではない場合が多いので、
年齢を重ねるうちに、食べられるようになる可能性は、十分にありますよ。


私は、小さい頃かぼちゃを食べた後に激しく嘔吐したことがあり、
それがトラウマで、ずーーっと嫌いだったのですが、
大人になった今は普通に食べられています。・・むしろ大好きです!
(食べるようになったきっかけは覚えていないのですが・・)






子供の好き嫌い!克服するには?

子供の好き嫌いが起こる原因が分かったわけですが、
でもだからと言って、「ああそうか、仕方ないな!」なんて、
済ませるわけにはいかないですよね。


やっぱり、栄養面からも、食の楽しみからも、
少しでも食べられるものを多くして、充実させたい。


そこで次に、好き嫌いを克服するための工夫の仕方について、
我が家で効果のあったものを紹介したいと思います!




1. 無理強いしない


まず、なによりも一番大切なのは、
嫌いなものや食べたくないものを、無理やり口に入れるなど、
力づくで食べさせることは絶対しないこと!

嫌いなものを無理やり食べさせたり、
食べるまで遊んではいけない!などの制限をすると、
食事の時間が楽しくなくなり、食べること自体に拒絶反応を起こしてしまいます。

今まで食べていた、他のものまで食べなくなってしまうことも・・(+_+)


食事は、メンタルにすごく影響されます


「食べることって楽しい♪」「美味しい!」と感じると、
脳に刺激が伝わって、唾液や胃液が出て、消化も良くなります。

逆に、怒られながら食べたり、一人で寂しく食べる食事は、
美味しく感じられないばかりか、唾液も胃液も出にくくなります。
その結果、胃がもたれたり、食後に不快感を感じるようになってしまいます。



2. しっかりお腹を空かせる


どんなに美味しく作っても、キレイに盛り付けても、
お腹が空いていなくては、美味しく食べられません。

子供が小さいうちから、食事の時間を決めておくことが大切!


朝起きる時間を決めて、規則正しい生活をして、
おやつをできるだけ減らして、
食事の時間に、しっかりお腹をすかせる状況にしてあげることが必要です。




3. 調理や盛り付けに一工夫する


味? 
食感? 
噛みにくさ? 
見た目?

子供は食べない理由を、はっきり教えてくれません。
そこが、親として悩ましいところですよね。


特定の野菜や食材が苦手な場合は、調理や盛り付けに一工夫をすることで、
克服できることがありますよ。

例えば・・・

  • 野菜のアクをとって、苦みをなくす

  • 苦手な食材は小さく刻んで、好んで食べるものに混ぜる

  • 子供の好きな味付けにする(ケチャップ、マヨネーズ、バター、)

  • 食材を、動物や花、星など、かわいい形に切る

  • お子様ランチ風に、見た目に華やかに盛り付ける



辛抱強く探ることが、苦手克服の第一歩になります。




4. 買い物や料理に参加させる


野菜を洗ったり、食卓にお皿やお箸を並べるなど、
子供に、食事の準備や配膳を手伝ってもらいます。

お母さんと一緒に食事の準備を体験することで、
子供は、食事に興味を持つだけでなく、

「自分は頼りにされている!」
「自分も食事作りに関わった!」

という達成感から、食べるようになる子がたくさんいます。


我が家は、2歳になる前頃は、お皿を運んでもらったり、
じゃがいもやにんじんを洗ってもらいました。
(実際には、シンクで水遊び状態のようになったこともありましたが・・)

でも、食べるときに、
「これは、〇〇くんが洗ってくれたにんじんだよ。」
と言うと、あっ!という顔をして、口に入れてくれるようになりました(*^_^*)


お手伝いの内容は、お子さんの成長に合わせて、選んでくださいね。




5. 家庭菜園で野菜を一緒に育てる


0-91
種から芽が出て、やがて花が咲き、実ができる――――
そんな植物の一連の成長過程を体験させることで、
食材への興味や愛着が、とても高まります。

自分で収穫したトマトやきゅうりは食べてくれる!という話を結構聞いていたので、
実際に我が家もやってみました。

すると、芽が出てからは、毎日の水やりを担当してくれるようになり、
実をつけたプチトマトは、熟したものを収穫したそばから、食べてくれました。
(2歳前後から、子供用のジョウロで上手に水やりができるようになります♪)

生のトマトは絶対食べなかったのに、驚きと共に感動しました(*´ω`*)


自宅やマンションのスペースの都合上、家庭菜園が難しい場合は、
野菜や魚の図鑑を一緒に見て
食べるものを身近なものとして、接していくのもいいと思います。




さいごに

いかがでしたか?

嫌いになる原因、しくみを知ることで対処する方法が分かり、
それを実行することで、なんとか克服できる可能性は広がります!

子供が何でも食べてくれると、親も嬉しいですし、
なにより食事の時間がとても楽しくなりますよ。

同じく、子供の好き嫌いで悩んでいるお母さんたちの
お役に立てますように!



スポンサードリンク

この記事がお役にたてましたら、ぜひ いいね!をお願いします(^^)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

季節のおすすめ特集

おすすめの特集記事

アーカイブ

Facebook ページができました!