洗濯機の掃除!酸素系漂白剤でカビ汚れをごっそり取るやり方

洗濯機の掃除!酸素系漂白剤でカビ汚れをごっそり取るやり方見た目からは汚れているのが分かりずらく、
後回しにされがちな洗濯機の掃除

でも、数ヶ月も掃除していない洗濯機は、カビの宝庫なんです!


・・先日、去年足を悪くして以来、
特に掃除が億劫になっている祖母の自宅へ、家事手伝いに行ってきました。

綺麗好きの祖母でしたが、やはり体に不自由ができると、
必要最低限以外のことまでは、なかなか手が回らないよう。
キッチン、トイレ、浴室などの水回りの掃除が、行き届いていませんでした。


掃除のお手伝いをしながら、ふと洗濯機に目がついたので、
「洗濯槽を最後に掃除したのいつ?」と聞けば、
「もう1年以上していない」とのこと・・・( ゚Д゚)

洗濯槽の掃除は、時間こそかかるものの手間はほとんどかからないので、
ついでにやっちゃいました!

だって酸素系漂白剤さえあれば、
長年溜まったカビ汚れだって怖くないんですもの。


というわけで今回は、
酸素系漂白剤を使った洗濯機の掃除のやり方をまとめました。

87b3121e9d0dbb15aa02138c6e31b3c6_s_2
↑こんな風に、洗濯槽に穴のある縦型の全自動洗濯機の掃除方法で、
びっくりするほど、ゴッソリ汚れが取れるので、
ぜひやってみてくださいね!


※洗濯槽に穴のないタイプや、ドラム式洗濯機には使えません。




スポンサードリンク




洗濯機の掃除!酸素系漂白剤でカビ汚れをごっそり取る方法

準備するもの

IMG_20151219_212623


  • 酸素系漂白剤
  • 洗面器
  • ゴミすくいネット (持ち手のあるもの)
  • 洗濯用ホコリ取りネット
  • ゴム手袋





洗濯槽の掃除方法

1. 洗濯機の中を空にしておきます


ホコリ取りネットなどの備品が付いたままだと、
剥がれ落ちたカビ汚れなどがこびりついて、かえって掃除の邪魔になります。

ひとまず外しておきましょう。


IMG_20151211_193801_2





2. 洗濯機の「毛布コース」で 45~50℃程度のお湯を高水位まで溜めます


IMG_20151211_093449_2

槽洗浄コースがあっても、
高水位まで水が溜まらない洗濯機もあるので、(↑この洗濯機がそうでした)
毛布コースを選びました。


そして、一番大切なのが、
注入するお湯の温度は45~50℃にすること!


実は、酸素系漂白剤の活性酸素の働きが一番活発になり、
カビ汚れなどが浮き上がりやすくなるのが、45~50℃なんです。


それ以上でもそれ以下でも、効力が薄くなってしまうので、
せっかくやるからには、これは必ず守りましょう!


私はお風呂の残り湯を45℃で再加熱したあと、
付属のホースで、洗濯機に注入しました。







3. 洗面器の中で 酸素系漂白剤をお湯で溶かして 洗濯槽に入れます


洗濯槽にお湯を溜めている間に、酸素系漂白剤の準備をします。


洗面器に酸素系漂白剤を入れ、
お湯を投入したら、ゴム手袋をした手でかき混ぜて溶かします。

完全に溶けたら、洗濯槽へ。
2 ~ 3 回に分けてやると、効率が良いですよ。


酸素系漂白剤の量ですが、
私は、62L (リットル) のお湯に対して、酸素系漂白剤 1 袋 (750g)
使いました。


このとき、酸素系漂白剤を直接洗濯槽に入れると、
かき混ぜられず、ちゃんと溶けているかが分かりにくくなります。

しっかりお湯に溶けてこそ、汚れを浮かせる効果が発揮されるので、
面倒でも、小分けにして溶かすことをオススメします!






4.「洗い」コースのみで 5~6分洗濯機を回します


酸素系漂白剤を、洗濯槽全体に行きわたらせるために、
洗いコースのみに設定して、洗濯機を回します。

※脱水でお湯が流れてしまっては意味がないので、必ず「洗いコースのみ」です!
 

洗いが終わった後、汚れなどが浮いていれば、
ゴミすくいネットで、軽く取り除いておきます。





5. そのまま2~3時間放置します


この間に、活性酸素が洗濯槽にこびりついたカビ汚れを、
分解してくれます!






6. フタをあけてカビ汚れをゴミすくいネットで取り除きます


2~3時間経ったら、洗濯槽のフタを開けて、
浮いた汚れをすくい取ります。


どれだけ汚れていたのか、
見るのが怖いような、なんとなく楽しみなような、
そんな気持ちが入り混じる瞬間 ――――


で、どうだったかと言うと・・・




ごっそり剥がれ落ちたカビ汚れが、プカプカ~・・|д゚)

IMG_20151211_094340




ちょっと見苦しい写真ですが、
ゴミすくいネットですくいあげたのが、こちら↓
(気持ち悪いので、画像小さくしてます。)

IMG_20151211_094525

こんなドロドロ汚れが、いっぱいこびりついた洗濯機で、
下着や洋服を洗っているのかと思うと、ちょっと背筋が凍る思いですね・・。







7. もう一度「洗い」コースのみで 5~6分洗濯機を回して 約2時間放置します


さて、水面に浮いた汚れをきれいに取り除いたら、
4、5、6 の工程をもう一度繰り返します

放置時間は約 2 時間。


ここで、まだしつこく汚れがたくさん浮いてくる場合は、
もう1回、繰り返した方がいいと思います。

水流の刺激で、
槽にこびりついた頑固な汚れを、どんどん剥がしてくれますよ。





8. 洗いから脱水までを行います


ここでやっと、いったん洗濯槽を空にします!
洗い ~ すすぎ ~ 排水 ~ 脱水までを一通り行います。


脱水の遠心力で剥がれた細かい汚れが、
洗濯槽の底に溜まっていることがあるので、
濡れ雑巾などで丁寧に拭き取ります。






9. 最後の仕上げ!ホコリ取りネットを付けて 全コースで洗います


IMG_20151211_184603

いよいよ仕上げです!


洗濯槽にホコリ取りネットを取りつけ、最後にもう一度きれいな水で、
洗い ~ すすぎ ~ 排水 ~ 脱水の全コースを行います。


しぶとく残った洗濯槽の汚れも、
ホコリ取りネットが、キャッチしてくれます。





10.終了!スッキリきれいになりました


IMG_20151211_193801


洗濯槽の穴の中の掃除なので、
ビフォーアフターで比較できないのが残念ですが、
取れたドロドロ汚れの量をみれば、キレイになった実感があります。




さいごに

お風呂の天井カビ掃除の時にもお世話になりましたが、
今回も活躍してくれました、酸素系漂白剤

塩素系漂白剤特有の、あのツンとするイヤな臭いもなく、
快適に作業ができるのはもちろん、
汚れもシッカリ落ちるので、本当におすすめです!!



もうナチュラル掃除ライフに、なくてはならない存在です(*^_^*)


洗濯槽をキレイにして、違いを実感するのは、
なんといっても洗濯物の仕上がり

生乾きの洗濯物の臭いがなくなったり、
白い洋服が、くすみのない白色に洗いあがるんですよ!


というのも、
洗濯槽のカビ汚れが、雑菌の繁殖や色素沈着となって、
生乾きの臭いや、洗濯物のくすみの原因になっているからです。


時間は取られちゃいますが、作業的には、
酸素系漂白剤を入れるのと、浮いた汚れを取ることくらい。
放置している時間は、他の場所の掃除にも充てられます。


洗濯機をきれいにして、清潔な洋服で新年を迎えましょう♪


スポンサードリンク

この記事がお役にたてましたら、ぜひ いいね!をお願いします(^^)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめの特集記事

Facebook ページができました!

アーカイブ

Sponsored Link