レンズ豆のレシピ!おもてなしにも使える ~緑レンズ豆のトマト煮込み~

レンズ豆のレシピ!おもてなしにも使える ~緑レンズ豆のトマト煮込み~日本ではほとんど栽培されていないので、まだまだ馴染みの薄い レンズ豆

2

でも、レンズ豆は「世界五大健康食品」の一つだって、ご存じでしたか?

その 5 品目とは、
スペインのオリーブ油、ギリシャのヨーグルト、日本の大豆、韓国のキムチ、
そしてインドのレンズ豆。
これは、2006 年にアメリカの健康専門月刊誌「ヘルス」が、
健康に優れた効果がある食材を厳選して、発表したものです👏

レンズ豆は、たんぱく質や鉄分、ビタミンB群、食物繊維など、
体に必要な栄養素がたくさん含まれています。
なかでも鉄分が豊富なので、女性はもちろん、貧血気味の子供さんにもおすすめ!


今回はそんなレンズ豆を使った、しっかり煮込んで美味しい&食べやすい、
緑レンズ豆のトマト煮込み を紹介したいと思います。

12

たくさんできるので、
親子連れのお客さんがあるときの、おもてなし料理としてもどうぞ(*^^*)!


スポンサードリンク



緑レンズ豆のトマト煮込みの作り方

材料 ( 4 ~ 5 人分)

  • 玉ねぎ ・・・ 中 2 個
  • にんじん ・・・ 1 本
  • セロリ ・・・ 2 本
  • 木綿豆腐 ・・・ 1/2 丁
  • ひき肉 ( ミンチ ) ・・・ 100 g
  • 緑レンズ豆 ・・・ 200 g
  • パセリ、タイム ・・・ 適量
  • バター ・・・ 各大さじ 1 ( 炒める用 + 味付け用 )
  • トマト缶 ・・・ 2 缶 ( 800 g )
  • 野菜コンソメ ・・・ 800 ml
  • 塩・こしょう ・・・ 適量




作り方

1. 野菜の下準備をします


玉ねぎはみじん切り、にんじんと木綿豆腐は 1 cm 角、
セロリは筋を取って縦に切り 1 cm の長さに切ります。

パセリはみじん切り、タイムは枝から葉の部分を指でしごいで落とします。

緑レンズ豆は、ボールにあけて水で軽く洗い、ザルにあげて水を切っておきます。

3




2. フライパンにバター大さじ 1をひき 野菜を炒めていきます


1

玉ねぎ・にんじん・セロリ・豆腐を入れて炒めます。





3. ひき肉を入れ 色が変わるまで炒めます


4




4. トマト缶・野菜コンソメを入れ強火にかけ 沸騰したらアクを取って火を弱めます


5




5. 緑レンズ豆・タイム・パセリを入れ フタをずらして中火で 25 分コトコト煮ます


6

8

具材が鍋底にくっつかないように、時々木しゃもじで鍋底からぐるっと返します。





6. バター大さじ 1・塩・こしょうで味付けします


11

最後にバターを入れることで、コクが出てきます。





7. 完成!


12

ご飯と相性バッチリ♪

盛りつけに、タイムを散らすと綺麗です。








さいごに

煮込み料理は、時間がたつほど味がまとまって美味しくなるので、
私はお客さんがあるときには、前日の夜に作っておくこともあります。

当日は、メインの料理はできているので、
他の準備に時間が使えて、効率がよい!


ただ、夏場に作られる場合は、夜中でも気温が高いので、
冷蔵庫で保存して、2日以内に食べきってくださいね。


レンズ豆のおいしさを広めるためにも、
これからも実際に作って良かったレシピを、紹介していきたいと思います☆


スポンサードリンク

この記事がお役にたてましたら、ぜひ いいね!をお願いします(^^)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

おすすめの特集記事

Facebook ページができました!

アーカイブ