二日酔いに効く飲み物 3 選!早く回復したいならコレ!

金曜日の深夜、飲んだくれて帰ってくる旦那サマ・・・

あれだけ飲みすぎに気を付けてね!と毎回言ってるのに、飲みの席にいると、ついつい雰囲気に流されて飲みすぎてしまうよう。

案の定、土曜の朝はお決まりの「二日酔い」(◞‸◟ㆀ)

もう!! 週末くらい子供と一緒に遊んでほしいのに!!


そこで今回は、旦那様を早く復活させたいあなたに、二日酔いのときに飲むと辛い症状から早く回復できる飲みもの 3 つを紹介します。

どんなに頭が痛くても、吐き気が収まらなくても、すぐに薬でなんとかしようとするのではなく、一度これらの飲み物を飲ませてあげてくださいね。


スポンサードリンク



二日酔いに効く飲み物!お酒を飲んだ翌朝にはこれを飲もう!

頭痛、胃のむかむか、倦怠感・・・
そんな辛い二日酔いの症状を緩和してくれるオススメの飲み物は、この3つです:

  • ミネラルウォーター
  • コンソメスープ
  • ハーブティー



ミネラルウォーター



飲みすぎた時、「水をよく飲め!」と言われますが、これはアルコールには利尿作用があり、体内の水分が尿と一緒にどんどん出て行ってしまうから。


お酒が入った時の水分補給は、水道水ではなくミネラルウォーターを選びましょう!


というのも、尿はただ水分が出ていくだけではなく、カリウム、カルシウム、マグネシウム、亜鉛など、体の調節に必要なミネラル成分まで、一緒に出てしまうからです。


水分と栄養を失った体は、まさに脱水症状に近い状態。
脱水症状は、頭痛やだるさ、食欲不振などを引き起こす原因になります。


ミネラルウォーターには、

  • 体内への水分補給
  • 失ったミネラル分の補給
  • 血液に濃縮しているアルコール成分を薄める

効果が期待できます。



コンソメスープ



お酒を飲んだ後は妙に、塩気のあるものが欲しくなるもの。

これは、アルコールによって失った、ナトリウム=塩分を求めて、体を正常に戻そうとする、人間の生理的な現象です。

そこで、塩分が多く含まれているコンソメスープがピッタリ!


例えば、固形のコンソメスープ1個(5g)には、約2.3g
顆粒(かりゅう)のコンソメスープ小さじ1杯には、約1.3gもの塩分が含まれています。


普段の食生活では、市販のコンソメスープは、塩分の摂りすぎが心配されますが、飲みすぎによって、失った塩分を効率よく摂取するにはちょうど良いのです。


我が家では、一度コンソメスープを飲んで胃のムカムカが軽減した経験から、二日酔いの旦那が真っ先にリクエストするのはずばりコンソメスープ!
よっぽど体が、ナトリウムを欲するようです(^^;


固形のコンソメスープを 300ml (もしくはパッケージの表示通りに) の熱湯で溶き、それを何回かにわけてゆっくり飲んでいきます。

胃が重たいときには、具なしのスープで。
少し回復してきたら、溶き卵入りのスープも栄養が取れておすすめですよ。




ハーブティー



ハーブティーには、そのハーブの持つ効用によって、二日酔いの辛い症状を抑えてくれるものがあります。

暴飲暴食による胃の不調におすすめのハーブティーは、

  • カモミールティー
  • ペパーミントティー

の2つ。


まずカモミールには、アズレンという物質が含まれていて、食べ過ぎや飲み過ぎで、
荒れた胃の粘膜を修復してくれます。

消化機能を、元の正常な状態に整えてくれるので、胃がムカムカして吐き気があるときにもピッタリです。



そしてペパーミントには、消化を助ける効果が期待できます。
食べ過ぎによる胸焼け、胃けいれんなどを緩和してくれますよ。

また、ペパーミントには鎮静効果があるので、頭痛やお腹が痛いなどの症状がある場合にも、おすすめです。



さいごに

いくら二日酔いを楽にしたいとはいえ、同じ飲み物を1日中飲み続けるのも辛いもの。

そこで、

  • ミネラルウォーター
  • コンソメスープ
  • ハーブティー

を、気分で飲み分けていただくと良いと思います。


私の旦那は、半日以上これらの飲み物を飲んでいましたが、トイレに行ったのはなんと夜になってから!!
よっぽど体が乾燥していたのですね・・(驚


飲みすぎには気を付けてもらいたいところですが、いざというときのために、自宅にぜひ常備しておきましょう(^^)


スポンサードリンク


この記事がお役にたてましたら、ぜひ いいね!をお願いします(^^)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

季節のおすすめ特集

おすすめの特集記事

PR広告

アーカイブ

Facebook ページができました!