中華鍋の素材!鉄製とチタン製はどちらがおすすめ?

中華鍋の素材!鉄製とチタン製はどちらがおすすめ?中華鍋を買おうと思った時、迷うのが、鍋の素材

お店には、鉄製とチタン製が、多く出回っているので、
そのどちらかを選ぶことになるのですが、

「実際どっちが良いの~・・?」

と、迷いますよね。


今回は、そんな優柔不断なあなたのために、
鉄製とチタン製の中華鍋のメリットとデメリットをまとめました。

実際に、私が買う時にものすごく迷ったところなので、徹底的に調べました。
ぜひ、中華鍋を選ぶ時の判断材料として、参考にしてくださいね。

スポンサードリンク



中華鍋の素材!鉄製とチタン製の違いは?

では早速、鉄製とチタン製の素材の違いについて、
それぞれ、メリットとデメリットに分けて、見ていきましょう。



鉄製の中華鍋

■メリット

  1. 強火に強く丈夫
  2. 油なじみがとても良い
  3. 熱伝導が良い
  4. 鉄分が補給できる
  5. チタン製と比べると安い


■デメリット

  1. 重い
  2. 錆びやすい
  3. お手入れがやや難しい


強火で炒めることが多い中華料理には、
油なじみや熱伝導が良い、丈夫な鉄製が一番適しています。
素材に焼きムラが起こりにくく、炒め物料理が美味しくできますよ

実際、昔から中国の家庭やレストランでは、
鉄鍋が、最も多く使われています。

また、鉄鍋からは、鉄分が補給できるので、
最近の健康ブームから、中華鍋に限らず、
フライパンでも鉄製を選ぶ人が増えてきているんですよ。

鉄は加工しやすいので、価格が手頃なのも嬉しいですね。


逆に鉄鍋は、かなり重いのと、
扱いが悪いと、すぐに錆びてしまいます。

これは言い換えれば、正しくお手入れすれば、
何十年と長持ちする料理道具になるということ!
料理のたびに、油が鍋に馴染んでいき、
どんどん使いやすくなって、愛着が沸いてきますよ。

IMG_20150326_100251



チタン製の中華鍋

■メリット

  1. 軽い
  2. 錆びない
  3. お手入れが楽


■デメリット

  1. 高価
  2. 油なじみが悪い
  3. 熱伝導が悪い


チタンの中華鍋は、
鉄鍋のデメリットをカバーするために開発されたもので、
その歴史は、まだ浅いです。

加工が難しいので、どうしても高価になりますが、
素材の特性上、耐食性と耐酸性があり、
半永久的に錆びることがないので、お手入れが超楽!

ただし、油なじみや熱伝導は鉄と比べると悪いので、
料理のしやすさよりも、実用性や利便性を重視する方に向いています。





鉄製とチタン製買うならどちらがおすすめ?

鉄製とチタン製の中華鍋のメリットとデメリットを、見てきました。

もう、どちらにするか決まりましたか!?

まだもうちょっと迷ってる!というあなたは、
どちらの鍋が合っているかを、下記でチェックしてみてください☟


  • 料理の質や味にこだわっている!
  • 調理器具のお手入れは、苦でない!

 ⇒そんなあなたには・・・鉄製の中華鍋がおすすめ!


  • 鍋が重いのは嫌!
  • 調理器具のお手入れは、サッと済ませたい

 ⇒そんなあなたには・・・チタン製の中華鍋がおすすめ! 





さいごに

いかがでしたか?

ちなみに、
私は、断然、鉄の中華鍋派!

お手入れは少々大変ですが、
それよりも、料理の質や味を重視したいというのが、その理由です。

大切に使い込まれた鉄鍋は、
年月を経るごとに、美しく黒光りすると言われています。

そんな、自分だけの中華鍋を育てたい!

何十年後も、すっかり手に馴染んで使い込まれた中華鍋を、
振り続ける自分の姿を想像すると・・今から楽しみです(^_^)

スポンサードリンク

この記事がお役にたてましたら、ぜひ いいね!をお願いします(^^)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

    • ポンくん
    • 2016年 10月17日

    記事拝見いたしました。「鉄鍋を育てる、何十年後にそれを使っている姿を楽しみに…」共感しました!
    記事を読み、自分はチタンは要らないな、と思いました

      • こっこ
      • 2016年 10月18日

      To.ポンくん さま
      こんにちは!
      コメントいただきとても嬉しいです!ありがとうございます。

      調理器具は使い捨て、のように考えている人もいる中で、
      調理器具と一緒に自分のお料理の腕も成長していきたい、という思いで、今でも鉄の中華鍋を使い続けています。

      ポンくんさまも、ぜひ鉄鍋を愛用していってくださいね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめの特集記事

Facebook ページができました!

アーカイブ

Sponsored Link