中華鍋の選び方!おすすめは?長持ちするのはやっぱり鉄製?

プロの料理人が、中華鍋を豪快に振っていたかと思ったら、
黄金色にツヤツヤ光った、パラッパラのチャーハンのできあがり!

そんな光景をテレビで見ちゃうと、
中華鍋、欲しくなりますよね~(*´▽`*)


私、以前はフライパンでチャーハンを作っていたのですが、
どうしても、中華料理屋で出てくるような、
あのツヤツヤ!パラッパラ!が、実現できなくって・・


料理の腕次第だよ!と言われそうですが・・( ;∀;)
でも、中華鍋があれば、
私も美味しいチャーハンが、作れるような気がしたんです(単純!)


でも、いざ買おうとスーパーやホームセンターへ見に行くと、
色々な種類、大きさがありすぎて、なんだかよく分からない。

「どんな中華鍋を選んだらいい?」

と迷ってしまいます・・。

せっかくなら、長持ちする中華鍋が欲しい!
ということで、徹底的に調査!


結果、大満足のいく中華鍋を手に入れ、
念願のパラパラチャーハンが、現実のものに――――

今回は、私が実際に買う時に注目したポイントを、
分かりやすくまとめてみました。

これから中華鍋を買うぞ!という、あなたのお役に立てるはずです(^^)/


スポンサードリンク




長持ちする中華鍋の選び方は?ポイントは4つ!

これをおさえておけば、中華鍋選びで失敗しない!
4つのポイントはこれ:


  1. 中華鍋の種類
  2. 中華鍋の素材
  3. コンロの熱源
  4. 中華鍋の持ち手


では、ひとつひとつ、詳しく見て行きましょう!

この記事を読み終わる頃には、
あなたにとっても、ベストな中華鍋が見つかりますよ。



中華鍋の種類は?

まず、中華鍋の種類です。
中華鍋といっても、実は、3つの種類があるんですよ(^^)




  1. 北京鍋(ぺきんなべ)・・片手の中華鍋
  2. 北京料理で使われることから、こう呼ばれています。
    普通、「中華鍋」というと、北京鍋を指すことが多いです。


  3. 四川鍋(しせんなべ)・・鍋の両側に取っ手がついた中華鍋
  4. 近頃、日本でも流行っている、「火鍋」の鍋と言えば、
    ピン!と来るのではないでしょうか。


  5. 広東鍋(かんとんなべ)・・これも鍋の両側に取っ手がついた中華鍋
  6. 一見、四川鍋と変わりませんが、
    四川鍋と比べると、底が浅いのが特徴です。




私は、鍋の材質や、対応する熱源(ガスかIHか)など、選択肢がたくさんあって、
家庭で一般的に使われている、北京鍋を選びました。

中華鍋デビュー!の方には、北京鍋が使いやすいと思います(^^)






中華鍋の素材はどんなものがある?

さて、中華鍋の種類が決まったら、次は、鍋の材質
長持ちする中華鍋を手に入れたいなら、素材選びがとても重要です!


というのも、中華鍋の素材には、主に鉄製とチタン製の2つがありますが、
その特徴は、全く正反対
何も考えずに買うと、「こんなハズではなかった!」なんてことになるんです(+_+)


その違いを、簡単にまとめると、


  • 鉄製の中華鍋・・・重くてお手入れは大変だが、油なじみや熱伝導が良く、丈夫!

  • チタン製の中華鍋・・・油なじみや熱伝導は悪いが、軽くて、お手入れが楽!



鉄製は、料理のしやすさ
チタン製は、鍋自体の使いやすさが、ポイントです。


また、この素材のメリットとデメリットに関して、
コチラの記事▶中華鍋の素材!鉄製とチタン製はどちらがおすすめ?で、
さらに詳しくまとめています。

鍋の素材で迷っている方は、参考にしてみてくださいね(´・ω・)ノ


ちなみに、私は、重いというデメリットがあるにしても、
きちんとお手入れをすれば一生使える、そして、
強火に強く、炒め料理に向いているということに魅力を感じ、鉄製の中華鍋を選びました。

IMG_20150326_100251


・・また最近では、鉄製、チタン製と並んで、テフロン製の中華鍋も出ています。
ですが、絶対におすすめしません


というのも・・中華鍋は強火で料理することが多いですよね?
その熱によって、また、お玉や木じゃくしなどでかき混ぜる時の刺激で、
テフロン塗装が剥がれやすくなるんです!!


鍋の使用頻度によっては、2~3年で剥がれてしまうとも言われています。
もちろん剥がれた塗装は、お料理と一緒に、家族のおなかの中!Σ( ̄ロ ̄lll‼!)


安全面からみても、鍋の表面に何かしらのコーティング加工がされているものは、
避けた方がいいですね。


スポンサードリンク




コンロの熱源は?

中華鍋は、ガス用とIH用の2種類があります。

ガス用は、鍋の底が丸いもの。
IH用は、底が平らになっています。

中華鍋は、強火でガンガン料理できることがメリットなので、
“遠火の強火”など、火力を調節できるガスが、適していますが、
これに関しては、家庭のコンロの熱源に合わせて選びましょう。





中華鍋の持ち手はどれがいい?

中華鍋の持ち手部分には、何も加工されず鉄のままのものと、
料理中に持ち手が熱くならないように、
木製など別素材のハンドルが、付けられているものがあります。


私のオススメは、鉄のままの持ち手

その理由は、取りつけられたハンドルは長持ちしないから。
ハンドルは、使っているうちに柄の間に隙間ができて持つたびにガタガタし、
最終的には、亀裂が入ってしまいます。

また、ハンドルと柄の隙間に水が入って、錆びることもあります。


持ち手が鉄のままだと、料理中に熱くなりますが、
布巾を巻けば、全く問題ありませんよ(^O^)/




まとめ

いかがだったでしょうか。

たくさんポイントがあったので、最後にまとめておきますね。


■中華鍋を選ぶポイント:


  1. 初めての中華鍋を持つなら、北京鍋が使いやすい
  2. 中華鍋の素材は、軽さ・お手入れの楽さを重視するなら、チタン製
    正しい手入れをすれば一生もの・料理のしやすさを重視するなら、鉄製を選ぶ
  3. テフロン加工がされていないものを選ぶ
  4. 取っ手部分は、長持ちさせたいなら鉄のままがオススメ
  5. 自宅のコンロの熱源に合わせて、ガス用かIH用かを選ぶ




ちなみに、上記のポイントを考慮し、
私が買ったのは、山田工業所の鉄製中華鍋 です。





私が買ったときは、自分で空焚き作業が必要だったのですが、
今は、空焚き済み中華鍋もあるんですね!

空焚きは、女性には結構大変な作業なので、
これから買うなら、空焚き済みのものが便利 ですね。





この記事がお役にたてましたら、ぜひ いいね!をお願いします(^^)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

季節のおすすめ特集

おすすめの特集記事

PR広告

アーカイブ

Facebook ページができました!