子供が日焼けしちゃった!家庭でできるアフターケアの方法は?

うっかり日焼け止めを塗るのを忘れてしまい、マズイな〜と思っていたら、案の定家に帰ると、子供の顔が真っ赤に!

そんなときついつい慌てて冷やすものの、この後病院へ行くべきなのか家で様子を見ていればいいのか、不安になりますよね。

でも大丈夫。
火照りに気付いた時点ですぐに正しいケアをすれば、大事に至らずに済むことがほとんどです。


今回は、日焼けした時の処置方法をまとめました。

日焼けによる炎症が悪化し、水ぶくれができて化膿してしまうと、本当に悲惨です。

大切な子供の皮膚を守るために、
火照りに気が付いたらすぐに処置してあげてくださいね。



スポンサードリンク




日焼けのアフターケア!子供にはこう対処すれば大丈夫!

日焼けをした後は、すぐにこの2点をしっかりすることが大切です。

085145
  • 冷やす
  • 保湿



冷やす

日焼けで肌が赤く火照っていたら、何よりもまずは冷やすことが第一!

洗面器に氷水を張り、タオルを浸してよく絞り、日焼けした場所をよく冷やします。
何枚かタオルを用意して、交代で使うと効率がいいです。


冷やし足りないことはあっても、冷やしすぎることはありません。
最低でも10分。理想は30分。

肌が冷えるまで続けましょう!




保湿

日焼け後の皮膚は、水分量が減って、とってもかさつきやすくなっています。
しっかり冷やした後は、保湿ケアをしてあげましょう。


ただし、保湿クリームは要注意!
赤ちゃんでも使えると謳っているものでも、日焼けで炎症を起こしている肌には、
香料やその他の成分に反応して、かぶれたり、ヒリヒリ痛みが増すことがあるんです。



オススメは、スキンケアウォーターで保湿すること。
私は、アベンヌウォーターを使っています。

IMG_20150514_090835

これは、普段のスキンケア用としても使っていますが、
日焼けした肌の保湿としても役立ちます!

もちろん、赤ちゃんや小さい子供にも使えます。







日焼け後の対処!もっと効果的にケアするならコレ!

しっかり冷やして保湿をすれば、よっぽどひどい日焼けでない限り、
翌日には、症状が落ち着きます。


ですが、もっと効果的にケアしたい!という時に役立つものがあります。


それが、

085145
ラベンダーウォーター



ハーブウォーターというものを、聞いたことがありますか?

アロマオイルなどに使われる精油を作る時にできる、芳香蒸留水(ハイドロゾル)のことで、
精油の成分が、ほんの少し含まれています。

この精油の成分というのが、その植物が持つ作用を発揮してくれるもので、
ラベンダーの場合は、炎症を抑えたり、
日焼けややけどの症状を緩和してくれます。


ラベンダーは、赤ちゃんや子供にも使える数少ない精油の一つなので、
ハーブとのお付き合いの長いヨーロッパでは、
子供のスキンケアローションとしても、日常的に使われています。


使い方は、清潔なコットンやガーゼに、ラベンダーウォーターを浸して、
日焼けしたところに塗布するだけ。
直接スプレーしても、OK。


すでにお手持ちで、お子さんに使ったことがない場合は、
まずパッチテストすることを、おすすめします。
二の腕に塗って30分後に肌の様子を見て、問題がなければ大丈夫です。





おすすめのラベンダーウォーターは?

ハーブウォーターといっても、その品質はピンキリ。
安価で悪質なものは、効果がないどころか、
症状を悪化させてしまうので、要注意です!


良い品質かどうかを見分けるポイントは、


成分の分析結果をきちんと公開していること!


赤ちゃんや子供に使うものなので、さらに私は、

  • 原料の植物が無農薬・有機農法で栽培されているか
  • 保存料や防腐剤が使われていない

というのも、重視しています。



実際に使ってみてのオススメは、コチラ:




日焼けした後のケアはもちろん、
おむつかぶれや虫さされを軽減してくれるのにも役立つので、
家庭に1本あると、便利です。


ちなみに、ラベンダーウォーターを使う場合は、
保湿成分も含まれているので、
改めて保湿のためにローションなどを付ける必要は、ありませんよ。





さいごに

今回紹介した方法は、あくまで家庭での応急処置。

症状が良くならないときや、水ぶくれになった場合は、
必ず、小児科か皮膚科で診てもらってくださいね。

このとき、一番症状のひどい状態を、
デジカメやスマホで撮影することを、おすすめします!

病院にかかるときに、炎症がましになっていた場合でも、
一番ひどかった時の状態をみてもらうことで、お医者さんに状況が伝わりやすくなります。


日焼けは事前対策が一番ですが、万が一、うっかり日焼けさせてしまった!
という場合には、まずは今回紹介した方法で処置してあげてくださいね。


【 PR 】

この記事がお役にたてましたら、ぜひ いいね!をお願いします(^^)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

季節のおすすめ特集

おすすめの特集記事

アーカイブ

Facebook ページができました!