赤ちゃんのプールデビューはいつから?親のこんな不注意が事故を招く!

赤ちゃんのプールデビューはいつから?親のこんな不注意が事故を招く!公園に出かけるのも躊躇してしまうような、うだるように蒸し暑い日は、赤ちゃんもしんどそう💧
いっそ、気持ちよく水浴びをさせてあげたいですよね。

でも、初めての赤ちゃんだと、プールデビューはいつからがいいのか、
安全面ではどんなことに気を付けたらいいのか、分からないものです。

そこでこの記事では、

  • 赤ちゃんのプールデビューに最適な時期
  • 家庭でプール遊びをさせるときの準備
  • 事故を未然に防ぐための親の心構え
  • 万が一、赤ちゃんが溺れた時の観察ポイントと注意点

など、赤ちゃんが安全に水遊びを楽しめるポイントを、分かりやすくまとめました。


ちょっと記事が長くなってしまいましたが、
どれもとても大切なことなので、ぜひ最後まで目を通してみてくださいね。



スポンサードリンク




赤ちゃんのプールデビューはいつから?

085145 ズバリ!

おすわりが安定してできる頃から


ベビースイミングコースなどの募集では、
便宜上、「 生後 ◯ ヶ月から 」と月齢指定されているところが多いですが、
安全面から考えると、おすわりがしっかりできるようになっていることが目安です。


一般的には、6 ~ 8 ヶ月頃と言われていますが、
赤ちゃんによって個人差があるので、我が子の成長を基準にしてくださいね。

swim-196912_640



自宅で赤ちゃんのプールデビュー!水温や水遊びの時間について

1. 水の温度


水温は 25 ~ 30 ℃が適温です。

あまり冷たいと赤ちゃんがびっくりしたり、お腹が冷えてしまいます。
特に暑い日なら、25 ℃くらいが気持ちよさそうですよ。


水を適温にする方法は、 3 通りあります。

  • 午前中に水を張っておき、午後に遊べるように温めておく
  • 水道水を 10 cm ほどいれた後、やかん 1 杯の熱湯を入れてかきまぜる
  • 長いホースがあれば、台所か洗面所の水道からぬるま湯を直接プールに入れる

ご家庭に合った方法で、準備してあげてくださいね。



2. プールは食後何分後から?


食後 30 分 ~ 1 時間が目安です。

ミルクや離乳食のすぐ後だと、水圧でお腹が圧迫されて苦しくなったり、
食べたものを戻してしまうことがあります。



3. プールの水の量


赤ちゃんの膝がちょっとかぶるくらいで、10cm程度

赤ちゃんをプールの中におすわりさせたときに、
水が膝にかぶるかかぶらないかくらいで十分です。

ちょっと少ないかな?くらいの方が、
赤ちゃんも水を怖がらずに楽しく遊べますよ。



4. 水遊びの時間


赤ちゃんに負担のかからないのは、 1 回 30 分程度

ベビースイミングスクールでも、
コースの時間は 30 分以内というところがほとんどです。

赤ちゃんの様子を見ながら、10 ~ 15 分に一回は水から出して、
5 ~ 10 分外で遊ばせて、また水に入って 10 ~ 15 分というように、
調節してみてくださいね。



5. プール用のおむつを履かせる


水圧や、遊びの動きで腸が刺激され、ウンチをしてしまうことがあります。

プール用のおむつを履かせてあげれば、
ウンチをキャッチしてくれるので安心です。



6. 直射日光は避ける


直射日光は避けて、パラソルや日傘などで日陰を作ってあげましょう。

また、コンクリートなどの照り返しで、頭が熱くなることがあるので、
たまに頭にプールの水をかけてあげると、気持ちよさそうにしてくれますよ。



7. 水遊びの後は水分補給


水遊びの後は、汗をかいて体内の水分が減っているので、
必ず授乳かミルク、もしくは白湯をあげましょう。


a2a52cc9092fb70f7700f8cf8143ba0d_s


では次に、
家庭で赤ちゃんをプールで遊ばせるときの親の心構えについて
みていきましょう。




赤ちゃんの水遊び!事故を防ぐために絶対守ること

1. 赤ちゃんから絶対に目を離さない


プールの中にいる時はもちろん、プールの周りにいる場合でも、
絶対に目を離さないようにしましょう!


たとえ水位が浅く、上手におすわりができていたとしても、
万が一赤ちゃんが水の中で転べば、20秒以下で溺死する危険があるのです。

呼吸ができなくなった赤ちゃんはパニックになり、逆に動かなくなります。

手をついて顔をあげるという防御反応は、これから学ぶことであって、
本能では身についていないのです。

赤ちゃんを水遊びさせるときは、
「常に赤ちゃんのいる場所まで 3 歩以内!」が鉄則です!



2. 浮き輪を過信しない


リング型うきわや腕うきわ、ベビーフロートなどは、泳ぐのを助ける遊具であって、
危険回避のための安全グッズではありません

たとえ赤ちゃんが上手に水に浮いていて、楽しそうに遊んでいたとしても、
絶対に一人にしてはいけません。




3. 上の兄弟姉妹に注意を任せない


上の子に赤ちゃんの面倒をみさせるのは、親の責任放棄です!

たとえ「分かった」と言っても、それは、
“お母さんの言うことは分かった” という意味で、
万が一の時にどれだけ危険なことなのかは、まだ本当に理解できていません。

上の子だって、まだ子供。
水遊びに夢中になって、周りが見えなくなることだって大いにあります。

トイレなど、その場を離れるようなことがあれば、
赤ちゃんも室内などの安全な場所に連れていきましょう。



4. 水遊びのあとは毎回プールを片づける


家庭で水遊びをさせる場合、
遊び終わったら、毎回必ずプールやベビーバスの水をすべて抜き、
子供の手の届かない安全な場所に片づけましょう。

「水がもったいないし、明日も遊ぶからそのままでいいや・・」

は、親が気が付かないうちに、
子供が勝手に遊ぶ可能性もあり、とても危険です。


child-1476321_640



万が一溺れてしまったときは・・

どんなに気を付けていても、
ふとした気のゆるみで、事故は起こってしまうものです。

万が一赤ちゃんが溺れてしまった場合は、すぐに水から引き上げて、
落ち着いて赤ちゃんの様子を観察しましょう。

以下の症状は、
命にかかわる重大な状態なので、すぐに救急車を呼んでください!

085145

  • 泡を吹く、もしくは血の混じった痰が出てくる
  • 顔面蒼白、もしくは、顔やくちびるが紫色になる
  • 意識もうろう、呼吸をしていない


また、意識があって元気そうな場合でも、
服を着替えて、タオルでくるんで体をあたためたら、
必ず医師の診察を受けるようにしてください。


というのも、溺死には、水からあがった後に起こる、
乾性溺水 ( かんせいできすい ) の危険があるからです。


これは、飲み込んだ水が気管の入り口でけいれんを起こし、
喉がふさがった状態になって、肺に空気が送り込まれず呼吸困難で死に至ることです。

後で大変な事態を引き起こさないために、
必ずお医者さんにかかるようにしてくださいね。



さいごに

水遊びは、赤ちゃんにとっても新しい発見がたくさんある楽しい時間。

ただ、公共の水遊び場に行く場合は、
おむつが禁止されている ( = おむつしている子供は入れない ) ところがあるので、
事前に施設に確認してから、お出かけくださいね。


家の庭やベランダで水遊びさせる場合も、家だからとつい気が緩みがちですが、
子供の水の事故は、ほとんどが親の不注意で起こっています。

水遊びさせるときは、自分もゆっくり時間をとって、
子供と一緒に暑さをしのいで楽しみましょう!


スポンサードリンク

この記事がお役にたてましたら、ぜひ いいね!をお願いします(^^)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

おすすめの特集記事

Facebook ページができました!

アーカイブ