プレゼントにも!絵が浮かび上がる魔法のキャンドルの作り方 ~子供の手作りシリーズ ~

おじいちゃん・おばあちゃんへのクリスマスプレゼントには、
何か子供と一緒に作ったものを贈りたい!

そう考えている、お父さん・お母さんは多いと思います。

そこで今回は、家族間のプレゼントにぴったり!の、
子供と手作りする魔法のキャンドルの作り方を紹介します。


このキャンドル、ただのキャンドルではありません!
なんと、火を灯したキャンドルの中から、絵が浮かびあがってくるんです✧

dscn1729

子供の作業としては、好きなようにお絵かきするだけなので、
2 ~ 3 歳くらいのお子さんから楽しめると思います。

4 歳以上なら、モチーフや絵を描いてもらって、
さらに面白い作品ができあがるはず!

身近な材料で、とても簡単にできるので、
ぜひ今年のクリスマスプレゼントのアイデアとして、参考にしてみてくださいね。


スポンサードリンク



絵が浮かび上がる!?魔法のキャンドルの作り方

材料

  • ティーキャンドル (ミニサイズのキャンドル)
  • A4 の白い紙
  • 鉛筆
  • お絵かき道具 (色ペン、色鉛筆など)
  • はさみ
  • 竹串、または爪楊枝
  • マスキングテープやリボンなど (お好みで)



作り方

1. キャンドルをアルミ容器から取り出します


wp_20161123_21_48_25_pro

wp_20161123_21_39_15_pro



2. 紙の上にキャンドルを置き、鉛筆で円に沿ってなぞります


wp_20161123_21_40_04_pro



3. 円の中に好きな絵や模様を描きます


wp_20161123_21_41_06_pro

ここは、子供に好きなように絵を描いてもらいましょう♪

できるだけ、円の中に模様があった方がいいですが、
はみ出ても気にしなくて大丈夫です。


2~3歳のお子さんの場合は、先に紙に好きなようにお絵かきしてもらって、
 キャンドルのモチーフにしたいところを、後から切り取る方法がオススメ!




4. 線に沿って、はさみで切り取ります


これがキャンドルの下に敷く、敷き絵になります。




5. キャンドルから芯を抜き取ります


wp_20161123_21_42_58_pro

芯はとても柔らかいので、
折れないように、ゆっくり取り外してください。




6. 敷き絵をキャンドルを合わせ、中央に穴をあけます


wp_20161123_21_46_36_pro

敷き絵をキャンドルに合わせて、
中央の穴に竹串や爪楊枝をさすと、スムーズです。
(写真では、クリップを使って穴をあけています)

少し大きめに穴を開けておくと、後の作業がやりやすいですよ。




7. 芯を、敷き絵 → キャンドルの順に刺していきます


wp_20161123_21_47_57_pro

敷き絵は、上が表になるようにセットしてくださいね。




8. キャンドルをアルミ容器に戻します


wp_20161123_21_49_03_pro

見た目には、細工がしてあることは分かりません(^^)

アルミ容器に油性カラーペンで絵を描いたり、マスキングテープを貼ると、
かわいいですね。





9. ラッピングします


dscn1697



キャンドルホルダー (キャンドル受け) とセットにしてプレゼントするのも、
良いですね♬

dscn1699



実際にキャンドルに火を灯してみましょう!

キャンドルに火をつけると、最初は普通に火が灯ります・・

dscn1707


中の蠟 (ろう) が溶けて、透明になってくると、
だんだん模様が現れてきますよ。

dscn1712

ティーライトサイズのキャンドルなら、
初めて火をつけてから模様が出てくるのに、だいたい 40 分くらいかかります。
( 2 回目以降は、もっと早いです。)


ガラスのキャンドルホルダーを使えば、
ガラスにも模様が映って、とってもキレイ(*^^*)

dscn1727


さいごに

普通のキャンドルと一味違う、魔法のキャンドル。
クリスマスの贈り物と共に、自宅用にも欲しくなりますね(^^)

子供と一緒に作るギフトとしては、
ハードルが低いので、ぜひお子さんとたくさん作ってみてくださいね。


スポンサードリンク




この記事がお役にたてましたら、ぜひ いいね!をお願いします(^^)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

季節のおすすめ特集

おすすめの特集記事

Facebook ページができました!

アーカイブ