断捨離の基準!捨てる服と残す服はこう選ぼう!

断捨離の基準!捨てる服と残す服はこう選ぼう!断捨離の中で一番難しいのって、洋服ではないですか?

腐るものではないし、1枚1枚はそんなに場所を取らないので、
着られそうなものはとりあえず置いておこう、という感じで残しておくんですよね。

でも整理しないまま放っておけば、
いつの間にかクローゼットは、服であふれかえってる。

私の場合、そういう時に起こるジレンマが、決まってコレ↓
服はいっぱい持っているはずなのに、なぜかいつも着る服は似たようなもの。
しかも、毎日コーディネイトに困るという(-_-)


今回、一念発起して服の断捨離に挑んだのですが、
つよく意識したのが、捨てる服と残す服の基準

おかげで、たった3時間で、
ごみ袋3.5袋分の着ない服 (70着以上) の断捨離に成功しました!

dansyari


断捨離の前と後のクローゼットの、写真はコレ:

Before
After
dansyari_7 dansyari_6


一見、あまり変わってないように見えますが、
このクローゼットには奥行きがあって、
Beforeの写真では、実は、見えている服の後ろにも服が入っているんです。


見通しが悪いために、
持っていることすら忘れていた服も、いっぱいありました。


それがこの断捨離で、
クローゼットを開けて視界に入る服だけが、手持ち服(トップス、インナー、パンツ)に!



服の断捨離は、勢いだけで始めてしまうと、
服に対しての未練や思い出が邪魔をして、なかなか捨てられません。


そこで今回、
服の断捨離の基準についてまとめました。


感情に流されず服の仕分けができるので、スムーズ!
衣替えが必要なくなるほど、クローゼットがスッキリしますよ~♪



スポンサードリンク



服の断捨離!捨てる服と残す服の基準は?

捨てる服の基準

こんな服は、捨てる対象になります:

  1. 状態の悪い服
  2. 自分と相性が悪い服


順番にみていきましょう!


捨てる服の状態とは?


085145
  • しみ、黄ばみ、黒ずみがある
  • 色あせている
  • 虫食いがある
  • 臭う
  • 縫い目がほつれている


縫い目がほつれているもの以外は、
その状態がもっと悪くなることはあっても、
良くなることは、絶対ありません!


では、縫い目のほつれた服はといえば、
直せばまた着れるんだし、「とりあえず」残しておこうしまいがち。


でも、本当に直しますか? それは、いつ?


もし、絶対に残したい服なら、
今すぐ直していつでも着れる状態にしておきましょう!



上のような状態の服は、たとえ数回しか着てなくても、
寿命と考えて、思い切って捨てます!
買った時の値段は、関係ありません。


・・偉そうに言ってますが、わたしも、
1万円以上した服を捨てる時は、手が震えました・・

でも、いざ目の前からなくなれば、
意外とすぐに、その服の存在を忘れるものなんです(^^;





自分と相性の悪い服は 捨てる!


自分と相性が悪いというのは、

085145
  • 体型が変わったなどで、サイズが合わない
  • シーズン中、一回も着なかった

という洋服。


ダイエットしたら着れるし!と、思う気持ち分かりますっ!
( ゚ー゚)( 。_。)ウンウン


その服を見ることで、
ダイエットのモチベーションがあがるのならいいですが、
でも、いざ痩せた時に、昔の古い服を着たいですか?

ご褒美に新しい服を、買いましょうよ♪




そして、シーズン中にも関わらず一度も着なかった服は、
デザインや着心地など、何か気になることがあったからなはず。


今年着なかったのに、来年着る可能性はもっと少なくなりますよ。
潔く、サヨナラしましょう!





残す服の基準

さあ、次は残す服の基準です。

服を目の前に広げて、自問自答してみてください。


「今」の私が着たい?(着れる?)



「いつか着るだろう」
「サイズダウンしたら着る!」


そう考えていたら、ほとんどの洋服が、
またクローゼットに戻ってしまうことになります。


実際にその「いつか」が来た時には、すでに流行が変わっていたり、
時間の経過で、服が劣化していたりして、
着れない状態になっていることが多いもの。


「今」着たいもの、着れるものだけを、残しておきましょう♪





迷った時はこうする!

服の状態は、悪くない。
着たい服のはずなんだけど、シーズン中 1度も着なかったなぁ・・


そんなケースも、時には出てきます。


そんな時に、おすすめの方法が!
それは・・・・


今、実際に鏡の前で着てみる!


着てみて、
「なんで今まで着なかったんだろ!似合ってる!!(∩´∀`)∩」と、
思ったなら、残しておく。


逆に、


  • 着た時に、顔が冴えない色合い
  • 体型がもったり見えるデザイン
  • チクチクする
  • 袖・丈の長さなど、気になる部分がある


ちょっとでもそう思ったら、
それはもう、賞味期限が過ぎてしまっているサイン


「ちょっとなぁ~(-_-)」と思ってるところがある限り、
実際にその服を着ておでかけしても、
結局、不満なところが気になって、お出かけが楽しめないものです。



もしもそれでも、捨てるのは惜しい!
なんて躊躇する場合は、頭が捨てられない脳になってるのかも!?


断捨離のコツ!これで捨てられない服とサヨナラできる!の記事で、
頭を捨てる脳にしてから、再挑戦してみてくださいね。





さいごに

いかがでしたか?

これで、手元に残る服は、
「今」着たいもの、着れるものだけになったはず!


今回の記事が、
断捨離をするぞ!というあなたのモチベーションに火をつけ、
成功のきっかけになれば嬉しいです!!



スポンサードリンク

この記事がお役にたてましたら、ぜひ いいね!をお願いします(^^)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

おすすめの特集記事

Facebook ページができました!

アーカイブ