子供が結膜炎に!3 つの原因と市販の目薬の選び方

子供が結膜炎に!3 つの原因と市販の目薬の選び方ふと気が付くと子供の目がまるでウサギのように、真っ赤‼
もしかして、結膜炎・・・?


気温や湿気が高い夏は、結膜炎の原因菌が繁殖しやすいうえに、
子供も暑さによる疲れなどで免疫力が低下して、感染しやすくなります。

「掻いたらもっと目がいたくなるよ!」なんて言っても、
子供は我慢できずボリボリかいてしまうので、なんとかしてあげたいですよね。


そこで今回は、
結膜炎の原因と、家庭でできる応急処置としての目薬の選び方をまとめました。

結膜炎と言っても、その原因は大きく分けて 3 種類あります。

薬局で「結膜炎用」と書かれている目薬を容易に使ってしまうと、
効果がないばかりでなく、症状を悪化させてしまうことも。

早く病院に連れていくのが一番ですが、
週末の夜だったり、どうしても済ませないといけない用事があったりと、
なかなかすぐに連れていけない時もあります。

そんなときの応急処置として、参考にしてくださいね。

スポンサードリンク



結膜炎の 3 つの原因と目薬の選び方

結膜炎の原因となるものには、

  • ウイルス性
  • 細菌性
  • アレルギー性

の 3 つがあります。


目薬を選ぶ前にまず、子供がどの種類の結膜炎にかかったのかを
知らないといけませんが、ほとんどの場合、目の状態を見れば分かります


まずは、目の症状をよく観察して、
なにが原因による結膜炎なのかを、確かめていきましょう。



ウイルス性結膜炎

1. はやり目(流行性角結膜炎)


アデノウイルスの感染が原因。

主な症状:
目の充血 + まぶたの裏側にブツブツ


めやに、目の痛み、涙も伴います。 
ひどくなると、リンパ節が腫れてきます




2. プール熱(咽頭結膜熱・いんとうけつまくねつ)


アデノウイルスの感染が原因。
プールで感染することが多いことから、こう呼ばれています。

主な症状:
目の充血 + 高熱、のどの痛み


目やに、目の痛み、涙、倦怠 (けんたい) 感、頭痛なども伴います。


自分の痛いところが言える年齢の子供には、
のどや頭が痛くないか、聞いてあげてくださいね。



3. アポロ病(急性出血性結膜炎)


エンテロウイルスやコクサッキーウイルスの感染が原因。

主な症状:
目のひどい充血 + めやに、ゴロゴロ感


まるで 出血しているかのような強い充血 が特徴です。



ウイルス性結膜炎は、人から人へ感染します


保育園や幼稚園はお休みしましょう。

また、やむをえず外出する時は、
他の人に移さないよう接触をさけるのはもちろん、
家庭内でも、感染対策をしないといけません。





細菌性結膜炎

細菌性結膜炎の原因になる細菌は、
肺炎球菌、黄色ブドウ球菌、クラミジア菌など。

主な症状:
目の充血 + 目の痛み、大量の黄色いめやに



まぶたが腫れたり、目がゴロゴロすることもあります。

細菌性の結膜炎は、人から人へ感染することはほとんどありません。





アレルギー性結膜炎

アレルギー性結膜炎には、代表的なものに、
季節性と通年性の 2 つのタイプがあります。


季節性アレルギー結膜炎


植物の花粉によって起こる、結膜炎。 

春 (スギ、ヒノキ) 、夏 (イネ科の草花) 、
秋 (キク科の草花、ブタクサ、ヨモギ) と特定の時期に症状が現れて、
その植物が終わる頃に、治まります。




通年性アレルギー結膜炎


年間を通じて起こる、結膜炎。

ペット (動物) の毛、ダニ、カビ、じゅうたん、カーペット、
ハウスダストなどが原因です。


アレルギー性結膜炎の主な症状:

目の充血 + かゆみ、異物感



白い糸をひくようなめやに、目の痛みや涙も伴います。





市販の結膜炎の目薬を買う時の注意点

実は、市販で買える結膜炎用の目薬というのは、

  • 細菌性結膜炎用
  • アレルギー性結膜炎用

しかありません。


・・というのも、ウイルス性の結膜炎は、
ウイルス性の風邪と同様、特効薬はなく、
ゆっくり休養して、治るのを待つしかないからです。


とはいえ、ウイルス性の結膜炎は感染力も強いので、
ひどくなる前に、眼科医にかかりましょう。

症状によって、解熱剤、痛み止めやかゆみ止めを処方してもらえます。




そして、細菌性結膜炎と、アレルギー性結膜炎の場合は、
市販の目薬で、応急処置をとることができます。


  • 抗菌剤
  • 抗炎症剤
  • 抗アレルギー剤

などが配合された目薬を、薬局で購入できます。


市販の目薬を選ぶ時のポイントは、

085146
1 回使いきりタイプの目薬!

を、買うようにしましょう☝


使い切りなので、清潔。
さらに、防腐剤が含まれていないので安心です。


ボトルタイプの目薬は、一度開封すると長く持ちません。

たいてい防腐剤が入っていますが、保存状態によっては劣化が始まり、
万一、劣化していたとしても、見た目では判断できないものです。



使い切りタイプの目薬は、たいていの薬局に置いてあるので、
お近くの薬局で、薬剤師さんに尋ねてみてくださいね。


注意マーク
目薬を使う時は、他人と共用はしないように
目薬のボトルを介して、ウイルスや細菌がうつってしまいます。

また、片方の目にだけ症状がある場合は、
症状が起きている側の目だけ、点眼してあげてくださいね。
もう片方の目にうつしてしまうことがあります。



さいごに

結膜炎にかかったら、症状を悪化させないよう、
目や目の周りを清潔に保って、
できるだけ目をこすらないようにしないといけません。


でも、子供に「目を触るな!」というのは、なかなか難しいもの。

なので、すぐに病院に行けない場合には、
症状がひどくならないよう、応急処置として目薬で対応してみてください。


目の症状を見て、結膜炎の原因をだいたい把握しておくことは、
病院にかかった時にお医者さんの話が、
理解がしやすくなるというメリットもあります。

お子さんの症状が 1 日でも早くよくなりますように。

スポンサードリンク


この記事がお役にたてましたら、ぜひ いいね!をお願いします(^^)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめの特集記事

Facebook ページができました!

アーカイブ

Sponsored Link