2017年の冬至はいつ?かぼちゃとゆずで健康と幸運がゲットできる!?

一段と冷え込みを感じる 12 月。
日が暮れるのが早くて、日照時間が短くなっていくのは、寂しいもの・・

でも、冬至 を過ぎたら、昼間の時間が少しずつ長くなっていく!って思うと、ちょっとだけ嬉しくなってきませんか?

今回は、2017年の冬至の日にちと冬至にまつわる慣わし について、まとめました。

その由来を知ると、冬至の日が楽しみになるうえに、幸運 まで手に入れられるかもしれませんよ(^_-)-☆


スポンサードリンク




2017年の冬至はいつ?どうやって決めるの?

まず、

085145
2017年の冬至は、12月22日!



冬至の日にちは、定気法 (ていきほう) という方法で計算されています。



これは、春分や秋分、立春の日など、季節の節目を24つに分けた、二十四節気 (にじゅうしせっき) を割り出す方法。


冬至も二十四節気の一つで、実際の太陽の位置から特定の計算式によって、北半球で昼の時間が一番短くなる日が、割り出されています。

年によって、冬至の日にちが 1~2 日前後することもあります。



ちなみに、2018年から2020年までの冬至の日は、

2018年12月22日
2019年12月22日
2020年12月21日
 
となっています。



さて、今年の冬至が分かったところで、気になるのが、その日の過ごし方!


冬至といえば、かぼちゃとゆず湯と言われますが、その理由や由来、そしておすすめの過ごし方について、分かりやすくまとめてみました♪




冬至にかぼちゃを食べるようになった由来は?

080635
≪冬至にかぼちゃを食べると、風邪をひかない≫ と言われています。


かぼちゃは、緑黄色野菜の王様と言われるほど、ビタミンAやカロテンなどの栄養がたっぷり!
かぼちゃの旬は夏ですが、包丁をいれなければ、冬まで保存ができます。


昔は、野菜の種類が少なくなる冬に、体調を崩す人が多かったことから、冬にきちんと栄養が摂れる「かぼちゃ」が選ばれました。


冬至にかぼちゃを食べて、寒い冬を元気に乗り越えよう!という、先人の知恵だったのですね。




冬至にゆず湯に入る理由は?

031430

では次は、ゆず湯について。


冬至には、

冬至 (とうじ)
   ↓
湯治 (とうじ):湯につかって、病を治す】


という言葉遊びにかけて、ゆっくり湯につかる習慣があります。


ゆずの実を浮かべるようになったのは、なんと江戸時代


シャレ好きの江戸の町人たちが、「融通 (ゆうずう) が効くように」と言って、始めたのがきっかけです。


シャレから始まった風習ながら、生のゆずの実にはビタミンCがたっぷりで、風邪予防や美肌、保湿などの嬉しい効果が期待できるんです。


空気が乾燥しやすく、また体調を崩しやすい季節なので、ゆずを利用することは理に適っていますよね!



ではここで、後始末も簡単な、ゆず湯の作り方を紹介したいと思います。



ゆず湯の作り方


  1. ゆず 5~6 個を半分にカットし、できるだけ目の細かい洗濯ネットに入れてよく揉みます。
  2. はじめに揉んでおくことで、香りが立ちやすくなりますよ。

  3. それをそのまま湯船に入れて、ゆ~ったりとゆず湯を楽しみます。
  4. 浴室中に、ゆずのさっぱりしたいい香りが広がります♪
    体の芯まで温まりますよ。


085146
洗濯ネットに入れることで、湯船の中でゆずの果肉が広がりにくく、お風呂を楽しんだ後の、お掃除が楽チンです☆


style="display:block; text-align:center;"
data-ad-format="fluid"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-client="ca-pub-8928424949638881"
data-ad-slot="5610994260">




幸運を呼び寄せよう!冬至に食べるといい「運盛り」って?

こんな昔話を、聞いたことがありませんか?

❝雪の降る ある寒い冬の夜。
 老夫婦の住む家の戸を、トントンと叩く音がしました。

 戸を開けると、そこには疲れ果てた旅人が。
 老夫婦は旅人を心配し、冷え切った体をストーブで温め、温かい食べものを出してねぎらいました。
 

 翌朝目を覚ますと、旅人の姿はありません。

 もう旅立ってしまったのかしら、と玄関の戸を開けると、そこには溢れんばかりの食べ物が置かれていました❞



この物語から、冬至の日には 聖人 (神様) が訪れると信じられるようになりました。


人々は、聖人をお迎えするために、

「運盛り (うんもり)」

と呼ばれるものを、神棚、もしくは玄関にお供えするようになります。


運盛りというのは、「ん(運)」のつく 7 つの食べ物のことで、聖人が訪れた家の者は、「食うものに困らない」と言われています。


では、次にその運盛りの食べ物についてみていきましょう♪




運盛りの食べ物とは?


「ん(運)」のつく食べ物、それはこの7 つ

085145
  • 南瓜(なんきん)・・かぼちゃ
  • 蓮根(れんこん)
  • 人参(にんじん)
  • 銀杏(ぎんなん)
  • 金柑(きんかん)
  • 寒天(かんてん)
  • 饂飩(うんどん)・・・うどん

7という数も、縁起がいいですよね。


ちなみに、「ん(運)」は、いろは四十八文字の最後の字なので、病気や災いなどの悪いことが終われ!という願いも込められているんですよ。


冬至の日に、「運盛り」をお供えしたあとは、お鍋にして美味しくいただきましょう♪


食材の栄養もまるごと摂れるし、体も温まり、さらに運もついて、病気などの悪いことに終止符を打つことができる。

まさに、いいことづくめではありませんか!!


ちなみに私の実家では、運盛り鍋は、ゆずポン酢でいただきます。
絞ったあとのゆずは、ゆず湯にも使えて一石二鳥ですよ♪





さいごに

冬至の慣わしには、きちんと意味があって、昔の人の知恵が、いっぱい詰まっているんですね。

いつもは、なんとなく冬至を迎えていたあなたも、今年は、なにか1つやってみませんか?


この冬を健康に過ごせて、そして、幸運もゲットできるかもしれませんよ☆


スポンサードリンク



この記事がお役にたてましたら、ぜひ いいね!をお願いします(^^)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

    • 山下ゆみ
    • 2015年 12月21日

    いくつかカレンダーを見ても「冬至」が書かれていないので、ネットで調べていてこのブログにたどり着きました。大変勉強になりました。私のブログでご紹介させていただきたいのですが、よろしいでしょうか?

      • こっこ
      • 2015年 12月21日

      To:山下ゆみ さん
      コメントいただき、ありがとうございます!
      お役に立てたということで、本当に嬉しいです(*^_^*)
      いよいよ明日が冬至ですね。素敵な一日となりますように。

      この記事の内容を、ブログで紹介していただけるとのこと、とっても光栄です!ゆみさんのブログもぜひ拝見したいです。
      これからも、どうぞよろしくお願いいたします!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

季節のおすすめ特集

おすすめの特集記事

Facebook ページができました!

アーカイブ