カテゴリー:紫外線対策

  1. 紫外線対策に日焼け止め!はもう常識ですが、 塗り方によって日焼け止めの効果が違ってくるのをご存じですか? 間違った使い方を続けていると、肌の日焼けだけでなく、 白内障や皮膚がんなどの健康被害のリスクを高めてしまいます。 特に…

  2. 一昔前までは、こんがり日焼けした小麦色の肌は、健康な証!でしたよね。 ・・しかし、世界保健機構(WHO)が、『紫外線は皮膚細胞の遺伝子を傷つけ、皮膚がんや目の病気のリスクが高まる』と発表してからは、世界的に紫外線対策が当た…

  3. 夏が近づくと楽しみになるのが、山や森・海でのレジャーや、お祭りや野外イベント! そんなアウトドアを安心して楽しむために欠かせないのが、日焼け対策と虫除けですが、それぞれ別のものを重ねて塗るのはちょっと面倒ですよね。 紫外線と虫除…

  4. 紫外線を長時間浴びて、日焼けをしてしまった時に、 スキンケアで外側からの対策は、もちろん大切。 でも、食べ物のもつ栄養素の力から、 体の中からもケアできることをご存じですか? 今回は、日焼けケアにおすすめの食べ物を まとめ…

  5. お外遊びが大好きな子供との、お散歩やお出かけ時には、 強い日差しから守るために、帽子は必須アイテム! ただ、紫外線をしっかり防ごうと思ったら、 紫外線を吸収して肌まで通さない、 黒や濃紺などの暗い色の帽子を選ばないと…

  6. うっかり日焼け止めを塗るのを忘れてしまい、マズイな〜と思っていたら、案の定家に帰ると、子供の顔が真っ赤に! そんなときついつい慌てて冷やすものの、この後病院へ行くべきなのか家で様子を見ていればいいのか、不安になりますよね。 でも…

  7. しっかり日焼け止めは塗ったし、紫外線対策はバッチリ! 無事にお出かけから帰宅し、やるべきことといえば・・ 日焼け止めを落とすこと! 赤ちゃんは寝た状態だし、特に顔に塗った日焼け止めを落とすのは、 至難の業ですよね(>_…

  8. 赤ちゃん用の日焼け止めって、色々な種類がありすぎて、 どれを選べばいいのか、迷いませんか? SPFやPAの数値が高いものは、効果はありそうだけど、なんだかお肌に刺激が強そう。 かといって、低い数値だと、ちゃんと効いているのか心配・…

  9. 私は、第1子を帝王切開で出産したのですが、傷の治りが悪かったこともあり、 出産から数ヶ月の間、病院に通っていました。 授乳間隔も頻繁なので、当然新生児だった子供も、 一緒に病院に連れて行かないといけなくて・・ 車がないので、…

RETURN TOP

スポンサードリンク

おすすめの特集記事

Facebook ページができました!

アーカイブ