日焼け止めの塗り方!紫外線から子供の顔を守るための4つのポイント

紫外線対策に日焼け止め!はもう常識ですが、
塗り方によって日焼け止めの効果が違ってくるのをご存じですか?

間違った使い方を続けていると、肌の日焼けだけでなく、
白内障や皮膚がんなどの健康被害のリスクを高めてしまいます。

特に子供は大人と比べて皮膚が薄く、紫外線の悪影響を受けやすいので、
親がきちんと守ってあげないといけません。


そこで今回は、子供の顔に使う日焼け止めの正しい塗り方をまとめました。

  • 日焼け止めの前の保湿
  • 日焼け止めの量
  • 日焼け止めの塗り方
  • 日焼け止めの塗り直しの頻度


この 4 点をおさえておくことで、日焼け止め効果を高め、
肌へのダメージを最小限におさえることができますよ。

日焼け止めを正しく使って、
肌機能がまだ完成していない子供の未熟な肌を、守ってあげましょう!



スポンサードリンク




日焼け止めの塗り方!正しく塗って子供の顔を守ろう!

1. 日焼け止めの前に保湿

いくら肌にやさしい日焼け止めクリームを使うといっても、
日焼け止めは、あくまで紫外線を防ぐためのもので、
肌にいい成分が入っているわけではありません。

多少なりとも肌に刺激を与えるので、
特に肌が敏感な子供の場合は、肌荒れを起こすことも。


そこで、日焼け止めを塗る前には、
まず、普段使っているケアクリームなどでしっかり保湿してあげましょう。


我が家では、オーガニックのシアバターを使っています。


シアバターは保湿力が高い上に、
シアバターの素材自体に、穏やかなサンケアの機能が含まれています。

さきにシアバターを塗ることで、肌を保護し、
その上に塗る日焼け止めの成分が肌に入り込むのを防ぎ、
さらに、紫外線による肌のダメージからも守ってくれますよ。





2. 日焼け止めはたっぷり使う

最近の日焼け止めは、品質が改良されて伸びがよくなっているので、
平均的に、かなり少なめに塗る傾向があるようです。


日焼け止めのSPF値は、実際に人間の皮膚を使って測定されていて、
その時に使われる日焼け止めの量は、皮膚1平方cm当り2mgとされています。

つまり、パッケージに書かれているSPF値は、
その量をきちんと使った場合に、
その数値の日焼け止め効果が発揮されるということ。


なので、日焼け止めの目安量の基本は、
使っている製品のパッケージに書かれている「使用量の目安」を守ること


ただ、「クリームを適量手のひらに取り・・」
のようなあいまいな表現をしているものもあり、
どのくらいの量を使えばいいのか、分かりづらいですよね。


そこで参考になるのが、
環境省発行の『紫外線 環境保健マニュアル』で紹介されている、
「日焼け止めの使用量」です:




画像引用:紫外線 環境保健マニュアル 2015
~日焼け止めの使い方~ https://www.env.go.jp/chemi/matsigaisen2015/full.pdf】




このマニュアルを参考にして、
製品に明確な使用量が書かれていない場合は、

  • クリームタイプの日焼け止め:パール粒 2 つ分
  • 液状(乳液・ミルク)タイプの日焼け止め: 1 円硬貨大 2 つ分

を目安にするといいですね。





3. 日焼け止めは 5 ヶ所に分けて顔全体にていねいにのばす

日焼け止めを、ムラなくキレイに塗る一番の方法は、
数ヶ所にわけて伸ばすこと。


手のひらに日焼け止めを取り、
おでこ、鼻、両頬、顎(あご)の 5 ヶ所に、ちょんちょんとのせていきます。


順番はとくに気にしなくていいですが、
私は、顔の一番高いところにあって特に日焼けしやすい、
鼻と両頬 に、まずたっぷりのせます。


そのあと、顔の内側から外側に向けて、放射状に伸ばします。


手に残った日焼け止めは、
鼻や頬に、ポンポンとたたくように重ねづけします。




4. 2~3 時間おきに塗りなおす

日焼け止めは落ちにくい印象がありますが、
実は、汗をかいたり、タオルで拭ったり、物に触れることで落ちてしまいます。


うちの坊も、一生懸命遊んでいるうちに鼻の頭に汗をかき、
それを着ている服で拭ったりするので、
うっかりそのままにしておくと、日焼けの原因に💦


子供の行動に常に目を見張っているわけにはいかないし、
日焼け止めが落ちるタイミングを見極めるのも難しいので、
朝、日焼け止めを塗った時に時計を見て、
その後、2~3時間おきに塗り直しするクセをつけておくと確実ですね。





さいごに

紫外線自体は目に見えないので、
どのくらい肌が紫外線を浴びているのかは分からず、ついつい甘くみてしまいがち。

そこが紫外線の怖いところで、
「外にいるのは少しの間だし大丈夫」
「今日は曇ってるから大丈夫」
と油断していると、ダメージは蓄積されていきます。


日焼けは予防対策が一番!

紫外線カット効果を最大限に発揮させるために、
日焼け止めは正しく使って、安心して外出を楽しみたいですね。


スポンサードリンク






この記事がお役にたてましたら、ぜひ いいね!をお願いします(^^)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

おすすめの特集記事

Facebook ページができました!

アーカイブ