ドイツからのクリスマスのお手紙 Part2!日本からは切手代のみでお返事がもらえる住所

ドイツからのクリスマスのお手紙 Part2!日本からは切手代のみでお返事がもらえる住所ドイツやスイス、オーストリアなど、ドイツ語を話す地域では、
サンタクロースではなく、
天使の姿をした クリストキント(幼子のキリスト)が、プレゼントを届けてくれます。

そのため、それらの地域でクリスマスの人気者といえば、
もっぱらクリストキント!


今回は、
お手紙を送る切手代のみでお返事がもらえる、
ドイツのクリストキントの住所
を紹介します。

実際に届いたクリストキントからのお返事と、
プレゼントも紹介していますので、ぜひお子さんと一緒に、
お手紙を書いてみてはいかがでしょう!

街がクリスマスの雰囲気一色になる頃に届く、
きれいな切手が貼られたエアメールに、
さらに思い出に残るクリスマスになるはずです♬


スポンサードリンク




ドイツからのクリスマスのお手紙 Part2!お返事がもらえるクリストキントの住所


An das Christkind
51777 Engelskirchen
Germany



(参照:https://www.deutschepost.de/de/w/weihnachtspost/weihnachtsmann-christkind/engelskirchen.html)


日本からドイツにエアメールを送る場合は、
定型サイズで 25g までなら、110 円で送ることができます。
(※ 2016年12月現在)


特に返信用切手や封筒は、求められていません。
(もちろん、入れておいたらクリストキントも助かるでしょうが・・(^^ゞ)


ドイツ郵便の公式サイトにも、

❝Engelskirchenは、50 ヶ国もの国から 13 万通以上のお手紙が届く、
ドイツで一番人気のあるクリストキントの住所だ。
クリスマスに欲しいプレゼントと、メッセージを書いて送って欲しい。
お返事を送るよ。❞


と、書かれているので、郵便事故でもない限り、
お手紙を送れば、ほぼ確実にお返事がもらえるはずです(^^)




クリストキントからのお手紙

では、実際に届いたお手紙です!

クリスマスカードと、
坊が描いたクリストキント宛ての絵を送ったところ、
クリスマスの 1 週間前に、エアメールが届きました。



クリストキント (金色の髪の天使) が、
雲の上に登っていく様子が描かれた封筒に、
ドイツのクリスマスの切手が貼られ、特別スタンプが押されています。


クリスマスらしくて、ワクワク!
さて、お楽しみの中身は・・・


ドイツからのクリスマスレター

クリストキントからのお手紙と、工作ペーパー、
そして、3 枚つづりのポストカードが入っていました♪

このポストカードは、
Himmelpforten のクリストキントからのお手紙に入っていたものと、
全く同じです。



お手紙と工作ペーパー:


※クリックで拡大します


工作ペーパーは、
トイレットペーパーの芯を使った、キャンドルスタンドの作り方が書かれていて、
天使の型紙がついています。

また坊と一緒に作ってみたいと思います。


◆お手紙の内容は、

  • 家はライトアップされ、窓にはきれいなデコレーション、そして街を歩けばシナモンの香りが漂ってくる。クリスマスはもう目の前だね。
  • ここEngelskirchenのクリストキント支局には、毎日世界中の子どもたちからたくさんの手紙が届いて大忙しだ。
    なんと日本からもお手紙が届いているのだ。
  • クリスマスまでに間に合うように、たくさんの天使たちが、子供達にお返事を書くのを手伝ってくれている。
  • クリスマスツリーの下にプレゼントが届けられるのを、目を輝かせながら待っている子供たちの顔が目に浮かぶよ。
  • 素晴らしいクリスマスを!来年も君からのお手紙を待っているよ!


日本からお手紙が届いていることが、書かれているのにはドッキリ❢

このブログをきっかけに、さらに日本から、
ドイツのクリストキントにお手紙を出す、お子さんが増えるといいな(*^^*)





さいごに

ドイツ郵便では、クリストキントの住所を 3 ヶ所公開していて、
一つ目のアドレスは、前回の記事で紹介しています👇

ドイツから届くクリスマスのお手紙!クリストキントの住所と実際に届いたレターを紹介♬ 

よろしければ、こちらもご覧くださいね。



スポンサードリンク



この記事がお役にたてましたら、ぜひ いいね!をお願いします(^^)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

おすすめの特集記事

Facebook ページができました!

アーカイブ