3歳児の室内遊び~秋の雰囲気いっぱいのお部屋飾りを作ろう!

3歳児の室内遊び~秋の雰囲気いっぱいのお部屋飾りを作ろう!お天気によって、寒暖の差が出てくる秋。

晴れているときは、お外遊びやお散歩も気持ちいいけれど、
雨の日は、さすがに長時間はお外で過ごせない・・・

底知らずの体力と好奇心でいっぱいの、3歳児を持つお母さんにとって、
家の中で子供を楽しませる遊びのアイデア を絞り出すのは、
なかなか大変なものです(^^;

・・そんなときに、こんな 「秋を感じるお部屋飾り」を、
一緒に作ってみるのはいかがですか?👇

img_20160930_134400
3 歳の坊と一緒に作った作品です(^^)

お天気のいい日のお散歩の途中で、
葉っぱや木の枝、どんぐりの実 などを集めておけば、
工作の道具として、雨の日の室内遊びに色々使うことができます。

今回は、3 歳児と一緒に楽しむ工作として、
手作りのぬくもり感じる秋のお部屋飾り を紹介したいと思います。


スポンサードリンク



3 歳児の室内遊び ~ 秋の雰囲気いっぱいのお部屋飾りを作ろう!

用意するもの

  • 落ち葉や木の枝、草やどんぐりの実など、自然に落ちているもの
  • 色画用紙
  • はさみ
  • 木工用ボンド
  • 折り紙 ( お好みで )
  • 黒ペンやデコペンなど ( お好みで )


落ち葉はいろんな大きさや色、形があった方が、
楽しい工作ができますよ。

個人的に、もみじは必須 !!

img_20160930_132340 img_20161002_083742


子供の興味や能力に合わせて、好きなようにやらせてあげていいと思いますが、
完成した時に、ある程度全体像がみえる方が、
本人の「できた!」感が刺激 されて、テンションがあがります。

なので、我が家ではまず、
子供にどんなものを作りたいか聞いて、
だいたいそのイメージになるように、アイデアを出してあげるようにしています。


ちなみに坊は、「森をつくりたい!」ということだったので、
≪ふくろうの住む森≫ のイメージが出せるように、手伝ってあげました。



作り方

  1. 台紙となる色画用紙を用意し、
    木の枝を適当に折って、木工用ボンドで貼りつけていきます。
  2. img_20160930_132531

  3. 木らしくなるように、落ち葉を貼りつけていきます。
  4. img_20160930_134845


  5. ふくろうは、折り紙を丸く切って貼りつけて、さらに目と口をつけ、
    その後、落ち葉で羽と足をつけます。


  6. 右下にいる昆虫 (?) は、
    木の枝を触覚に見立て、頭と胴体を落ち葉でつくります。
    その後、黒ペンで顔を描きました。
  7. img_20160930_135138


  8. 完成したら、木工用ボンドが完全に乾くまで一晩置きます。
    その後、額に入れるもよし、そのまま壁に貼るのもよし。
    お部屋に飾って楽しみましょう (^^)♪





葉っぱを使った色々な生き物のアイデア


様々な大きさの葉っぱを使えば、色々な生き物が作れますよ。

例えばこんなの👇

img_20161002_083628

鳥と昆虫です。
目の部分は、小さい石ころを貼りつけました。

ルールはないので、子供の発想に任せてみると、
面白い作品が仕上がるかもしれませんね。



さいごに

集中力がつき、
何かを作り上げる過程も楽しめるようになってくる、3 歳児。

日頃から、面白い材料を見つけたらストックしておくと、
雨の日の工作に役立ちます。


今回は、落ち葉や枝を集めて帰るやいなや、
「今すぐつくりたい!」と坊からリクエストがあり、そのまま制作に入ったので、
お外での写真ですが・・・(^^;

家の中で過ごすときの、遊びのアイデアの参考になれば嬉しいです。


スポンサードリンク



この記事がお役にたてましたら、ぜひ いいね!をお願いします(^^)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめの特集記事

Facebook ページができました!

アーカイブ

Sponsored Link