子連れでの海外旅行に!いざという時に役立つ常備薬リスト

家族で海外旅行!

旅行先で楽しむための準備も必要ですが、
忘れてはいけないのが、万が一のための 常備薬

慣れない旅行では、疲れから体調を崩すことだってあります。

3a4131f74a498cb93a33e943a53b317a_s

海外でも薬は調達できますが、日本人には強すぎたり、
慣れない言語で、病院や薬局でやり取りするのは不安なもの。

できるだけ、日本から持って行くほうが安心です。


そこで今回は、
子連れでの海外旅行に役立つ常備薬リストをまとめました。

何事もないのが一番ですが、常備薬はお守り代わり。
楽しい海外旅行にするために、用意を万全にしていきましょう!


スポンサードリンク


子連れでの海外旅行に!いざという時に役立つ常備薬リスト

では早速、ここでは分かりやすくするために、

  1. 怪我をした時に必要な常備薬
  2. 風邪・発熱・腹痛などの病気の時に、必要な常備薬
  3. その他

の 3 つに分けて、みていきたいと思います。


内服薬・外服薬は、使用できる子供の年齢が制限されているものもあるので、
かかりつけの小児科医や、薬剤師さんに必ず確認してくださいね。


怪我用の常備薬

  • 消毒スプレー・消毒綿
    傷口にはもちろん、救急セットのピンセットやハサミなどの器具を使う前の消毒、衛生状態の悪い場所での手の消毒など、なにかと使う機会があります。
  • ばんそうこう ( カットバン )
    色々な大きさのものがあると、使い勝手が良いですよ。
  • かゆみ止め
    虫刺されや湿疹のかゆみに。
    子供はかゆみを我慢できないので、掻きむしって症状を悪化させないようにします。
  • 虫除けスプレー
    渡航先によっては、蚊などの虫を媒介して病気に感染することがあります。
  • 痛み止め (飲み薬)
    傷口が痛くて眠れないようなときは、薬を服用することで楽になります。
  • 携帯ミニハサミ
  • ピンセット
    とげが刺さった時や、ダニに噛まれた時に役立ちます。





病気用の常備薬

  • 体温計
    海外のものは、温度の表示単位が違ったり使い勝手が違うので、普段使い慣れているものを。
  • トローチ・ドロップ
    のどの痛み、咳がひどいときに。
  • 点鼻スプレー
    鼻づまりが辛いときに使うと、一時的に楽になります。
  • 解熱・鎮痛剤 ( 座薬 )
    熱や頭痛・歯痛が起こった時に、応急処置として痛みを抑えることができます。
  • イオン飲料 ( スポーツドリンクなど ) の粉末タイプ
    下痢や嘔吐の時の、脱水症状予防に。整腸剤はかえって症状を悪化させるので✕
  • 冷却シート
    高熱で苦しいときに、首元や脇の下などを冷やしてあげると、気持ちがいいです。
  • 乗り物酔い止め
    疲れが溜まりやすい旅行中は、乗り物にも酔いやすくなります。




その他

常備薬とはちょっと違いますが、
旅先で病気をもらわないための、予防対策。

旅行先が決まったらまずは、
外務省の海外安全対策のページで、渡航先の安全状況を確認します。

かかりやすい病気や怪我が紹介されているので、
予防接種が必要な場合は、余裕をもって小児科医へかかりましょう。


特に、アフリカや東南アジア、南米地域に旅行する場合は、
感染症 の心配があるので、必ず確認してくださいね。

小児科で薬を出してもらう場合は、念のため、
処方箋の説明を英語で書いてもらうと、万が一の時に安心です。



さいごにチェック!

085145
  1. 常備薬は子供が使えるものか?
  2. 薬の使用期限は切れていないか?
  3. 飛行機内で使う予定以外の薬は、預け入れ荷物 (スーツケース) に入れよう!


飛行機内に持ち込める薬は、原則、機内で使用する分だけです。

また、スプレーなどの液体容器や、
軟膏クリームの持ち込みにも、容量の制限があります。

手荷物検査で引っかかって、面倒なことを避けるためにも、
飛行機で使う分以外の常備薬は、預け入れ荷物に入れてくださいね。


旅行に出発する前には、
常備薬の確認をして、用意周到でお出かけください!

楽しい旅を✈


スポンサードリンク

この記事がお役にたてましたら、ぜひ いいね!をお願いします(^^)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

季節のおすすめ特集

おすすめの特集記事

Facebook ページができました!

アーカイブ