メガネのお手入れ!正しい水洗い方法とレンズを一瞬でピカピカにする方法

メガネのお手入れ!正しい水洗い方法とレンズを一瞬でピカピカにする方法メガネのお手入れ、していますか?



メガネについた埃や指紋汚れは、自分が思っている以上に目につくもの。

汚れたままの眼鏡を使うと、さらなる視力低下の原因になるだけでなく、
見た目にも、だらしない印象を与えてしまいます。

かといって、洋服の裾や乾いたタオルでゴシゴシ拭く間違ったお手入れは、
レンズが傷ついて、メガネの寿命を早めてしまうことに。


そこで今回は、

  • メガネの正しい水洗い方法
  • 手を濡らさずに、レンズを一瞬でピカピカにする方法

を、まとめました。


特に、レンズが一瞬でピカピカになる方法は、
市販のメガネシャンプーや、専用クリーナーも真っ青!
な効果に、驚きですよ。


スポンサードリンク



メガネのお手入れ!正しい水洗い方法と一瞬でレンズをピカピカにする方法

メガネの正しい水洗い方法

  1. 洗面器にメガネが浸かるくらいの水、もしくはぬるま湯を張って、
    中性洗剤を 2 ~ 3 滴たらしてよく混ぜます。

  2. メガネを浸けて、
    レンズやフレーム・「つる」の部分を指でやさしくこすります。

  3. 洗剤がしっかり落ちるまで、流水ですすぎます。

  4. メガネをティッシュで押さえるようにして、水気を取ります。
    (力を入れすぎると、傷がつくのでやさしく)

  5. 最後に、メガネ拭きで仕上げる


メガネの汚れの、
そのほとんどが、皮脂汚れと空気中の埃

埃は水洗いで落ちますが、皮脂汚れは取れないので、
水洗いする時は、台所用洗剤 (中性洗剤) を使います。


中性洗剤に含まれる界面活性剤が、
皮脂汚れを浮かしてくれるので、すっきりキレイに!


洗う頻度は、
メガネを使う頻度や場所などによって違ってきますが、
基本的には、汚れが気になったらでOKです。



・・・さて、普通はこのお手入れ方法でいいのですが、
メガネをきれいにするのに、
毎回、洗面器や洗剤を準備するのって、面倒なこともありますよね(^^ゞ


そこで次は、思い立ったときにパッとできる!
手を濡らさずにレンズを一瞬でピカピカにする方法です✧




メガネレンズが一瞬でピカピカになる方法!

それは、

エタノール(消毒用アルコール)

を使います!



これは、家を掃除していたとき、
エタノールが少し残ったので、「もったいないから、拭いちゃえ」と、
メガネを拭いてみたのが、きっかけ。

なんと、たったひと拭きで、
レンズの汚れがスルッと落ちて、ピカピカになるんですよ!


エタノールには、
無水エタノール (15℃で、エタノールを 99.5 v/v% 以上含む)と、
消毒用エタノール (15℃で、エタノールを 76.9 〜 81.4 v/v% 含む)が、
ありますが、私が実際に比べてみた結果、
消毒用エタノールの方が、汚れが落ちやすかったです。





エタノールを使ったレンズのお手入れ方法


  1. ティッシュペーパーにエタノールをしっかり含ませ、
    レンズ両面をやさしく拭きます

  2. 乾いたティッシュで、
    残った水滴状のエタノールを、押さえるように取る
    (清潔なメガネ拭きで、拭き取っても◎です!)



注意点


プラスチック製のメガネで、
フレームや「つる」部分が、樹脂でコーティングされているものは、
アルコールで樹脂が剥がれることがあるので、
レンズのみのお手入れにとどめてくださいね。



実際に、5 年近く使っている私の今のメガネは、
レンズに傷はほとんどなく、
フレームや金属部分も、キレイでまだまだ現役です(^^)!



さいごに

いかがでしたか?

小さなスプレー容器に、エタノールを入れて持ち歩けば、
外出先でレンズの汚れが気になったときにも、
すぐにティッシュにシュシュッと吹き付けてお手入れできるので、便利ですよ!



スポンサードリンク


この記事がお役にたてましたら、ぜひ いいね!をお願いします(^^)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめの特集記事

Facebook ページができました!

アーカイブ

Sponsored Link