子供を熱中症から守るために ~ 室内でできる 3 つの対策!

日差しが強くなり、気温が上がってくると、
テレビや新聞などで「熱中症」という言葉を、よく見聞きするようになります。

449224

熱中症は、体内の水分や塩分のバランスが崩れて、
体温の調節機能が働かなくなることで起こる障害のこと。

症状としては、めまい、立ちくらみ、だるさ、頭痛に嘔吐、
さらにひどくなると、けいれんや意識障害などを起こし死に至ることもあります。


熱中症は、野外で活動するときには注意するものですが、
家の中など屋内で過ごすときにも気を付けないといけません。

・・というのも、室内では野外ほどの暑さを感じないために、
気が付かないうちに、熱中症になっていたということが起こりやすいからです。

特に幼児や子供は、大人と違って体温調節が未熟なので、
気温が高いと、それに適応してすぐに体温が上がってしまいます。


そこで今回は、
子供の熱中症を防ぐための3つの対策として、

  1. 衣類で対策
  2. 飲み物で対策
  3. 食べ物で対策

をまとめました。

子供は自分では対策ができないので、
親がきちんとコントロールして、熱中症から守ってあげましょう!


スポンサードリンク



子供の熱中症対策!室内での 3 つの予防方法

衣類で熱中症対策

67e23b75bf2e5245f33d3a53bd4f13c3_s

綿や麻 ( リネン ) など、通気性のよい夏素材の服を着ることで、
体の熱を放出しやすくなり、体温の上昇を防ぐことができます。


襟元の詰まったものでなく、ゆったりとした服を選んだり、
吸水性や速乾性にすぐれている、冷感インナーなどを利用するのも◎。

気温が高くてジトっとした日でも、体感温度が下がって過ごしやすくなりますよ。






飲み物で熱中症対策

普段の水分補給はお茶や水でいいのですが、汗をかく夏場は、
水を飲むだけでは、血液の塩分濃度が薄くなって余計に喉が渇いてしまいます。


汗をかくと体内の水分だけでなく、
汗に含まれる ナトリウム・カリウムなどの電解質が奪われるので、
夏の水分補給には、水の他に 「水分 + ナトリウム + カリウム」を摂るようにしましょう!


熱中症対策の飲み物として、よくスポーツドリンクが勧められますが、
市販のものは糖分が高く、子供にはあまり飲ませたくありませんよね。

それに、糖分を一度にたくさん摂ると、
血糖値が上昇して食欲がなくなり、夏バテにもつながります。


そこで子供にも安心して飲ませられる、
熱中症予防におすすめの飲み物 3 つはこれ!:


1. 味噌汁


4f35ff0b7fc4d72dfb32473b08cde16a_s

暑い日に味噌汁か・・と思うかもしれませんが、
実は、熱中症対策に一番優れた飲み物が、味噌汁です。


味噌に塩分が含まれているので、具材には、
カリウムが多く含まれている「かぼちゃ」「なす」「ほうれんそう」などを選ぶと、
水分 + ナトリウム + カリウムのすべてが、しっかり補給できますよ。


夏の朝食や夕食に味噌汁を飲むことで、自然に対策ができますね。





2. バナナスムージー


5a6b4f44730930d0d5654839c1136874_s

バナナには、カリウムがたっぷり含まれているので、
熱中症対策にはもってこいのフルーツ!

ただ、食感がもったりしているので、
スムージーにして、飲み物として摂るのが良いですね。


塩分も補って完全ドリンクにするなら、
塩レモンを少し入れます。

甘味と酸味のバランスが取れて、さらに飲みやすくなりますよ!!


ではここで、美味しい塩レモンバナナスムージーのレシピです。
まずは塩レモンの作り方から。



◆塩レモンの作り方:

  1. 国産レモン (無農薬、ワックスなしのもの) 4 ~ 5 個をよく洗い、キッチンタオルで水分を拭き取ります。
  2. レモンの両端を切り落とし、半分は串切り、半分は輪切りにします。
  3. 煮沸消毒した容器に、レモンの重さの1割の塩と、レモンを交互に詰めます。
    最後に塩を入れて、フタを閉めます。
  4. 全体がしっかり馴染むよう、1 日 1 回容器を逆さにしたり振って混ぜます。
  5. 約 1 週間後から美味しくなります。夏場は保存は冷蔵庫で!




◆塩レモンバナナスムージーの作り方:

  1. ミキサーにバナナ 2 本を入れて、ペースト状になるまで撹拌します。
  2. プレーンヨーグルト 100g、牛乳 200ml、はちみつ大さじ 1、塩レモン汁小さじ 1/2 を入れ、なめらかになるまでさらに撹拌します。固すぎるようなら、牛乳を少しずつ足して調整します。






3.レモネード


49e15ffb96ef3e4282c28cff51168e27_s

家の中にいてもジトジトした暑い日には、
のど越しのよい冷たい飲み物が、欲しくなることもあります。

そんなときには、レモネードがオススメ。

熱中症対策としては間接的になりますが、
レモンに含まれるクエン酸は、疲労回復を助けてくれるので、
体力を取り戻すのに最適です。

また、体が火照っている場合、
冷たい飲み物を飲むことで、一時的に体温を下げてくれます。


市販のレモネードは砂糖がたっぷりで、子供にはおすすめできないので、
ぜひ手作りしてみてください。

簡単で美味しいですよ♬



◆レモネードの作り方:

【塩レモンで作る場合】

  1. 塩レモン水大さじ 2、はちみつ大さじ 1 を入れて、よくかき混ぜます。
  2. 氷 2 ~ 3 個、炭酸水 (サイダー、スプライトなど) 300ml を入れ、全体がよく混ざったら完成♪
  3. お好みで塩レモンのスライスを 1 枚入れると、見た目もさわやかです。




【普通のレモンで作る場合】

  1. グラスにレモン汁大さじ 2、はちみつ大さじ 1、砂糖大さじ 1 を入れ、
    砂糖が溶けるまでよくかき混ぜます。
  2. 氷 2 ~ 3 個、炭酸水(サイダー、スプライトなど)300ml を入れ、全体がよく混ざったら完成♪




085151
冷たいものを一度にたくさん飲みすぎると、
胃腸が冷えて消化機能が低下してしまうので、
一度に飲む量はコップ 1 杯程度にしておきましょう!





食べ物で熱中症対策

次は、熱中症を予防するために必要な、
「水分 + ナトリウム + カリウム」が効率よく摂れる食べ物です。


スイカ


7615892b9f977ae5ff4e23010c261192_s

スイカは、90 %以上が水分ですが、
カリウム、カルシウム、マグネシウムなど、ミネラル分も含まれています。

塩をかければ塩分も補給できるので、熱中症対策にぴったりの食べ物に。


塩は、自然海塩を使うと、
甘味をひきたててくれてとっても美味しくなりますよ。




梅干し


2d4536ccdb03a220ec8a1b7750bbd36b_s

梅干しは、
塩化カリウム、食塩、クエン酸ナトリウムが含まれていて、
熱中症だけでなく、夏バテにも効果的な食べ物です。


でも、そのままでは酸っぱいし種も入っているので、
子供には食べずらいですよね。


そこで、梅干しをつぶして梅肉にして、
(酸っぱすぎる場合は、はちみつを少し足すとまろやかになります👍)
おにぎりの具材としてあげると、食べやすいですよ。


梅干しは塩分が高いので、子供には、
1 日 1 粒を目安にしてくださいね。




さいごに

熱中症の被害は、気温や室温が28度以上になると増えると言われています。

子供は、大人のように積極的に水分補給したり、
食べ物を選んだりしないので、親がコントロールしてあげないといけません。


また、気を付けていたとしても、熱中症は予期せぬ時にも起こります。
そんな時のために、すぐにできる家庭での応急処置の方法を、

別記事▶熱中症の応急処置!子供の体にこもった熱を取る方法は?

で書いています。

こちらもぜひ参考にしてくださいね。


スポンサードリンク



この記事がお役にたてましたら、ぜひ いいね!をお願いします(^^)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

季節のおすすめ特集

おすすめの特集記事

Facebook ページができました!

アーカイブ