年賀状の文例!疎遠の親戚に書いて喜ばれる一言メッセージ集!

年賀状の文例!疎遠の親戚に書いて喜ばれる一言メッセージ集!自分の親戚とも親しいお付き合いがあるわけじゃないのに、
夫側の親戚となると、まるで接点がない。

でも、なんとなく年賀状のやり取りは、毎年あるんですよね~・・(^^;

日頃交流がないから、相手の趣味もよく分からないし、
添える一言に悩むものです。


そこで今回は、あまりお付き合いのない親戚への、
年賀状に書き加える一言メッセージ文例をまとめました!

相手のことをよく知らなくても、
悩まずにすらすら書けるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。



スポンサードリンク



年賀状に添える一言!疎遠の親戚に書くメッセージ文例

普段お付き合いがないとはいえ、
短くても直筆のメッセージがあれば嬉しいもの。


疎遠の親戚に添える一言には、

085145
  • ご無沙汰をお詫びしつつ、相手 (家族) の様子を尋ねる文
  •      +
  • 健康を気遣う文

を書くのがおすすめです!


早速、例文にいきますね。




ご無沙汰を詫びて 相手の様子を尋ねるメッセージ文例

  1. ご無沙汰しておりますが、お変わりありませんか。

  2. ご無沙汰いたしております。
    お変わりなくお過ごしでしょうか。
    おかげさまで、私達は元気に新年を迎えることができました。

  3. 日頃はご無沙汰ばかりで申し訳ございません。
    ご家族の皆様は、いかがお過ごしでしょうか。

  4. お変わりありませんか。
    こちらは家族皆、元気で頑張っております。

  5. ご無沙汰いたしております。
    お元気でお過ごしのことと存じますが、いかがでしょうか。

  6. 皆様いかがお過ごしでいらっしゃいますか。
    こちらはおかげさまで、皆元気に暮らしております。

  7. よき新春をお迎えのことと存じます。
    私共も家族皆、元気に過ごしております。



普段、あまり交流のない親戚には、
無理にこちらの近況を伝える必要はないと思います。


もし何か一言、近況を加えたい場合は、
自分の趣味や子供の成長に関することが、書きやすいですね。

(※お子さんのいない相手には、書かない方がいい場合もあります)


例)
  • 最近は、趣味の写真に勤しんでおります。
  • 水泳を始め、体力を鍛えています。
  • 早いもので、長男も今年で 5 歳になります。
  • 今年は、我が家の子供たちが七五三を迎えます。

などなど。






相手の健康を気遣うメッセージ例文

相手の様子を尋ねる文の後は、
健康を気遣う一言でスマートに締めましょう!


親戚宛てには、健康を気遣うメッセージが一番書きやすく、
また、受け入れられやすいものですよ。


  1. ご家族の皆様で、どうぞ穏やかな新春をお過ごしください。

  2. 厳しい寒さが続きます。
    どうかお体にはお気をつけください。

  3. 厳寒の折、くれぐれもご自愛ください。

  4. 厳寒の折、風邪など召されませんようご自愛ください。

  5. まだまだ寒い毎日が続きます。
    健康には、充分ご留意ください。

  6. まだまだ寒さが厳しい季節です。
    お体にはお気をつけください。

  7. 健康に気をつけて、良い 1 年をお過ごしください。






さいごに

さいごにちょっとした豆知識。

本来、年賀状などの季節の挨拶状には、
「、」や「。」などの、句読点は使わないものとされています。

これは、昔の手紙には、
句読点を使わなかったことが由来です。

今でも、相手に敬意を表す時候の挨拶文や、
証書などの正式な文書では、句読点は使われていません。


ただ、使ってはいけないわけではないので、
目上の方に送るときだけ気をつける程度で構わないと思います。


この記事では、読みやすくするために、
句読点を入れて紹介していますが、
送る相手の年齢などを考慮して、アレンジしてくださいね。


それでは、よいお年をお迎えください♪


スポンサードリンク



この記事がお役にたてましたら、ぜひ いいね!をお願いします(^^)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめの特集記事

Facebook ページができました!

アーカイブ

Sponsored Link